心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

ロストベルトに愛される

先日のアタランテ・オルタに続きイヴァン雷帝がスルリと当たる。

その後今朝のログインボーナスの呼符を使ったらアナスタシアも当たった。

アヴィケブロン、サリエリも出たため、今回の2部第1章で登場した新サーヴァントが全て出たことになる。
ロストベルトに愛された男、そう我こそは……サンシャイン……

スポンサーリンク


アタランテ・オルタはある程度まで育てたので、ここからの優先順位はイヴァン雷帝>アヴィケブロン>アナスタシア>サリエリかな。


イヴァン雷帝は控えめに表現した上で「高難易度での最適解」レベルの強さだと思う。
スキルがそれぞれ
「NP獲得量アップ(3T)+自身の弱体状態を解除」
「スター獲得(3T)+自身のバスター性能アップ(3T)」
「自身に無敵付与(1T)+敵全体の攻撃力ダウン(3T)+強化解除」
スキルの内容自体がメチャクチャな強さであることに加えてCTの短さも凄まじい。宝具にもバスター耐性ダウンが付いて後続のダメージアップもでき、自身はライダーなのでクリティカルがガンガン狙える。
スキルで宝具の回転率と火力を高め、敵の攻撃力を下げ強化も解除するデバフ。強すぎるんじゃないのかな?と思うレベル。ただ見た目がマンモスマンなので、まあ7800万パワーもあるんだからこうなるかな?とも思ってみたりして。


アナスタシアはスキルのスペックも高いしアーツ3枚プラス宝具もアーツで、とにかく回転力は高いと思うんだけど……その性能の引き出し切るためのスキル上げの要求素材がエグすぎてベストな状態に持っていけない。
周回で使うならアヴィケブロンの方が完成に持って行きやすいので、まずは雷帝の後はアヴィケブロン、その後アナスタシアという感じになりそう。


イヴァン雷帝、アナスタシア、アタランテ・オルタという感じで今回の新サーヴァントは軒並み優秀ですね。