心の雑草

「げ」と申します。心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

武術家とか格闘家のチャンネルのコメント欄に絶対ヤバいやついるよな

今は格闘家や武術家の方もYouTubeやっている方が増えまして、無料でとんでもないレベルの技術の話やトレーニング方法を公開していたりして「なんかすげえ時代になったなあ」と思って楽しんでいるんですが……。

そんな格闘家系のチャンネル、こうやってそういうチャンネルが増える前からそうなんだけど大体偉そうに批判するコメントする人いるのね。
とりあえず全く説得力なくて滑稽すぎて毎度失笑してる。

続きを読む

哭きの竜を麻雀漫画として読むからつまらないんだと思う

最近「哭きの竜」シリーズを読み返している。

鳴けば上がると言われる伝説の雀士・竜を主人公に、その竜の強運を求める極道達の生き様を描いた作品。
ということでこの漫画、ストーリー的な主軸って竜の麻雀というよりも、東京の桜道会内部の跡目争いとか、そんな桜道会と西の大組織・関西共武会の抗争とかそっちなんですよ。
公式にも一般的にも「麻雀漫画の金字塔」みたいに説明されることが多いせいで、この哭きの竜シリーズに対するイメージが間違った形で形成されていると思う今日この頃。

続きを読む

青天を衝け 第32回「栄一、銀行を作る」感想

さて、前回のラストで公務員を辞め、民間に下野することを決断した栄一。

これ直前まで命令されていた三井組とか、突如そんな栄一が同じ立場でライバル企業化するのそれはそれで気分悪くないっすかね?
あとちょっと調べてしまったんだけど、渋沢栄一の女性関係酷すぎて単純に尊敬できなくなってしまった。子供多すぎて正確な人数分からんっぽいし、そのせいで発生しそうな遺産の問題解決するために「渋沢同族会」なんて発足するとかいう。ちょっとその辺に関してはダメ人間だったのでは……。

続きを読む

【ウイスキー】厚岸蒸留所の商品飲みたいけどとても飲めない話

北海道にある厚岸蒸留所の話を少ししてみたい。
2016年に蒸留を開始した、現在の日本の新規蒸溜所が新設されまくっているブームの中でもかなり有名な方だと思う蒸留所。

北海道の厚岸は気候風土がウイスキーの本場・スコットランドに近いらしく、公式サイトにもあるようにそんな厚岸の地で「スコットランドの伝統的な製法で、アイラモルトのようなウイスキーを造る」というのがコンセプトらしい。
そんな徹底したこだわりから生まれる厚岸蒸留所のウイスキー、実際色々な賞も受賞していて美味しいみたいなんですが……。

続きを読む

【ウイスキー】ボウモア12年のテイスティング

さあ、ボウモア12年を買ってきました。ハーフボトルで2500円くらいだったので、これまたシングルモルトスコッチの中ではお手頃プライスだと思う。

f:id:hiza10ji:20211019203248j:plain

クライヌリッシュ14年と並べると、ボウモアの方が気持ち濃い色しています。
ボウモアというとスモーキー系ウイスキーの聖地とも言えるアイラ島でも有名な銘柄の一つです。

続きを読む