読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

タンメンの攻撃力が大幅に上がった 龍華園の「ロースタンメン」

歯医者に行って、ヨドバシカメラに寄った帰り道。
小雨の中のんびり歩いていたらお腹が空いてきたので、ふらりと立ち寄った中華料理屋さん……「龍華園」です。

荒町にある「龍華園」には幾度となくお世話になっていたんだけど、残念なことに最近お休みしているお店。
そして、仙台にはもう一つの龍華園がある……。
新寺の龍華園が……。
あ、ちなみに榴ヶ岡にあるんで全部で3つですね。龍華園の激戦区、それが仙台だ。

スポンサーリンク


こちらのお店はサービス精神が容赦なくて、ランチの定食メニューには全てミニラーメンが、そして麺のメニューには全て半ライスが付いてくるとのこと。
食いしん坊万歳である。


こちらのタンメンは野菜部分が餡になっているスタイル。
「これは広東麺ではないのか……」と一瞬思いつつも、食べてみれば塩味の紛れもないタンメン味。そしてトロミも軽めで、やっぱりタンメン。


具材はニンジン・タマネギ・ハクサイ・シイタケ・ピーマン。
ピーマンってのが結構珍しいですな。
そして名前の通り、豚ロース肉がたっぷり入っている。これがウマイ。

何がウマイって上の炒め野菜の焼き加減。
肉は香ばしい焼き目が。野菜にも所々焼き目が付いていて、食べているとそれぞれの食材がちゃんと主張してくる。
食べているとスープに肉と野菜の旨味が混ざっていってどんどん美味しくなる。
特に「ロースタンメン」だけあって肉が多いんで、その旨味がたまらない。

というかそのスープ自体もかなり好みの味だったので、一口目から「あ、美味え」みたいになってましたよ。
普通の中華料理屋さんのタンメンを、変なことしないでただ素直にステータスアップさせたような一杯。


プロ野球の話をしているおじさん2人組や、子供を連れているお父さんと客層も広い。
地元の人にほんのりと愛されているようなお店でした。