心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

ブログスランプ中でどうしようもないので、書いてる途中の記事たちの概要を晒すPart1

少し前に体調が著しく悪くなりまして、それはもうほとんど完治といった具合なのですが別のところが治っておりません。

f:id:hiza10ji:20140923164625j:plain
つまり何が言いたいのかというと、どうにもブログの記事がウマイこと書けない日々がつづいております。
書きたいネタはいろいろと思いつき、下書きにはたくさんストックがあるのだが、肝心の本文がまるで進まないのです。


そういうわけで日帰りながらも一人旅に出たりして環境を変えつつ、どうにかこうにかスイッチを入れたいと思いつつ旅日記系の記事を書いては見たものの、体感としてはどうにもまだスランプ中です。


書きたいことは思いつくけど書けないってものすごくフラストレーション溜まるね!!
ということで書きたいけど書けないままでストックされている下書きというオーシャンに漂うものたちを紹介してみようと思います。

思惑としてはこうして発表してしまったら書くしかなくなるものが出てくるんじゃないかという、プレッシャーや責任感を利用したスランプ脱却ですよ。

スポンサードリンク



悩んだら分割して階層化する

真面目系エントリのプロット。
悩んだときって頭の中のステージみたいなものもぐちゃぐちゃになってて、それゆえに悩みも解決しない・・・というような負の循環が起きていると思うのですね。
だからそうなることを普段から理解しておくことで、悩むようなことに直面したら頭の中を整理しましょう、悩みの原因、解決条件、解決方法といった具合に分割して、さらに階層分けして攻略していきましょうってなことを書きたいんですけれども、具体的な例とかあんまり思いつかないので書き進めずに悩んでます。

悩みをクリアーする方法のエントリ書こうとしてるのに悩んでます。南無。


感情の制御とは、感情を抑制することではなく振り幅を小さくしていくこと

真面目系プロットその2。
あいかわらず仏教思想のお勉強中なんですが、その中で学んだことが

感情とは振り子のようなものですから、はじめから無にしようとしても無理がある。
そうではなくてその振り子の振り幅を小さくしていく、振れている時間も短くしていく。

といったような考え方がありまして、これや!と思ったわけです。
感情に流されることは人間である以上回避不能、ポケモンでいうところのスピードスターなので、よけようとするのではなく防御力を高めたり、あるいはその状態異常を素早く回復する手段を考えるほうがはるかに有益ですよねっていうお話です。
これに関しては結構なところまで書けてはいるんですけど、なんかしっくりこないんでまだ完成には至らずってな具合です。

生の純度

心の闇シリーズ。
以前書いた

人間って全然偉くないどころか生き物としては超低いランクだと思って人間やってます - 心の雑草
こちらをもう少し深く掘り下げてみようぜっていうので書き始めたんですが、アンビバレントな状態に陥り筆が進まずにいます。

人間としてよりも生物としての純度を高めていかないとやばいんじゃないか、みたいなことを発端に書き始めたものの、嗚呼何ということでしょうか、いかに自分がそういったこととは程遠い社会や文明に毒され、それどころかそれがなければ生きてはいけなさそうな人間であることが分かってしまったのです。
「生きるために生きる」っていうのはある種わたしの学んでいる最中の仏教の悟りに近いのですけれども、わたしがそれを成すためにはわたしの嫌いな社会というものとどうにかこうにか折り合いをつけなければならない。
折り合いをつけなければならないとかいう甘っちょろい状態ではなくて、自分の中で合成して一つにしなければならない。
「生きるために生きることのできる社会」をわたしの中で構築しないといけないわけでございます。

さあどうするさあどうする。
誰かわたしをなんとかしてくれ。


隠遁したい

心の闇シリーズの変化球バージョン。高速スライダーくらいの鋭さはあると思います。

「生きるために生きる」を実現するための極端な方法として閃いたのが隠者になること、つまり隠遁することだったんですよ。

隠者(いんじゃ)とは、一般社会との関係を絶ち(隠遁)、生活する人のこと。特にキリスト教や仏教など多くの宗教の宗教者、または宗教的背景をもった隠者が多数知られる。

隠者 - Wikipedia

山奥に小さな小屋を用意して一人でひっそりと暮らしてみたいわけです。そんな生活の中で本を読んだり、あるいは書いたりしながら自身を高めていきたいよねっていうお話を書いてみようと思って書き始めたエントリ。
でもこれまた結構な闇に染まっていて、「人間とは関わりたくねえ」という気持ちと同時に「交流というか発信はしてえ」というもはや自分でもよくわからない状況が生まれております。

ここでの「書いたりしながら」はブログも含むんです。やべえ・・・。
山奥なのにちゃんとしたネット環境が必要なんですよね、これ。
しかも加えてネットを継続するための資金も必要ということです。


もうペンション経営するしかないやんけ!!


自分の最大の長所は「誰からも好かれること」だと思う

ここにきて自分語り(しかもいいほうのやつ)。
思い返すとわたし、ほとんど人に距離をとられたりした経験がありません。それどころか気に入られることが圧倒的に多い。
f:id:hiza10ji:20140923172409j:plain

やたら道を聞かれることから初見でも声をかけやすいのかと思いますし、ひとり旅中の旅館で同じく泊まっていたおっちゃんと将棋指したり老夫婦と談笑しながら飯を食った後に部屋に招待されたりもしました。
自分で言うのもあれですけどそこそこのコワモテだと思うんですが、それでもなお多くの人に愛されるのはありがたいとしか言いようがありません。

・・・でも人とは距離をとりたいという畜生っぷり。
なんとかならないものか。

というか、この長所をブログでも生かせないかと本当に思います。




思っていたよりもずっと多かったのでいったんここまで。