心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

なぜ直球歌詞の恋愛楽曲が嫌いなのかを考える

北ウイング

北ウイング

深夜!北ウイング!!一歩です。



最近さらにどっぷり浸かってしまっているTwitterさんで出てた「 #好きや愛してるを使わずに告白してみてください」
というタグに感銘を受けるとともに、最近の邦楽に思うことがあったので一筆。



最近の歌は、「愛してる」とか「会いたい」だとか、直接的な愛の表現が多い(と思っている)。職場で有線聴いてて思う体感なんですけどね。会いたくて震えちゃう人もいますよね。

これはよく言えば「気持ちをストレートに表現した歌詞」ってことになるのだが、悪く言うと「内容がペラい」ということにもなりませんかね。
自分は「他の伝える言葉は思いつかないの?思いつかないなら考えもしないの?」という気持ちになってしまって、意識的にそういう違う言い回しを避けているのでないならば、申し訳ないけど「表現力ねーなー」って思うわけですよ。
なんつーか特に女性歌手に多いイメージ。偏見ならすいません。


ではここで、自分の大好きな歌手である中森明菜さん天野月子(現在は天野月)さんに登場していただきましょう。




中森明菜北ウイング
この曲は飛行機に乗って、好きな人の元へ向かう女性の心情を歌った歌。「会いたい」ではなくて「会いにいく」歌だけど、いわゆる直接的な表現は一切出てこない。
この曲で一番好きな歌詞をワンフレーズ。

ふいに 胸に飛び込む それが返事よ

歌詞を全部知っていると、フレーズに込められた心情の複雑さは分かってもらえるはず。
サビの「Love is the mystery」もいいですよね。心は、愛ってのはそんなに単純なもんじゃないんだってのがそのまま歌詞になってます。
1番サビのラスト「光る海を越えるわ 少し不安よ」
この「少し不安よ」もなんともいえないリアリティです。会える喜びと会った時にどうすればいいのか、複雑な女心。



天野月子人形
悲恋のロックバラードに定評のある(個人的に)つっこさんのナンバー。
楽曲そのものの解説としては、ハードロックにネガティヴィティ溢れる歌詞を乗せた、天野節爆発楽曲。叩きつけるように歌うつっこさんの声も、歌詞にシンクロしまくってて凄い殺傷力です。

歌詞は天野月子らしく、解釈の仕方はかなーり広く行えます。
自分は「好きな男性に合わせて合わせて、結果上手くいかない上に合わせ方自体もよく分からなくなり、さらに自分の本性も伝えられない。そんな自分はまるで人形です」みたいな自傷的で救いがない物語……と解釈。ええ、解釈しようとすればするほど鬱曲でございます。

笑って 笑って 笑って欲しいよ
ぎこちなく私は生きる

この歌の主人公の女性の壊れるギリギリの場所で必死で、それでも愛されたいっていう心情が、それはそれは凄い濃度で込められてる。そう思いませんか?

歌詞全体から伝わるのは、半ば病的な状態に陥ってしまったほどの強い愛情と諦念。
それを人形に例えて、「主体性なく動いてるけど本当は、本当の私は……!!」みたいなことを暗喩しているような。本当に薄いガラスのコップがテーブルの端にかろうじて置かれているような心。

「愛してる」って言葉では足りないくらい「愛してる」のは恐ろしいほど伝わるわけであります。



これは持論ですけど、こんなに表現力豊かな日本語を用いてるんだから、「愛してる」という言葉を使わずに「愛してる」という言葉以上の愛を表現するのが素敵なんじゃないですか。

こんなこと言うと「愛してる」の一言に色んな想いを詰め込んでんだ!と言われそうですが、それも理解した上であえて申し上げております。

「愛してる」だけじゃ心情の受け皿として足りなくなるはずなんですよ。
言語は否応なしに「縛る」ツールです。
「愛してる」を超えた「愛してる」を表現するには、異なる言葉が必要になるのだから。

小田和正さんも言ってたでしょ?「言葉にできない」って。この気持ちが本当に大切な部分だと思う。これをそのまま「言葉にできない」という歌詞にした小田和正さんのような方を「ストレートな歌詞」が書ける人だと思うのです。


つーことで長々書いてきましたけど、まあなんと言うか、どうしても安っぽく感じるんですね、自分は。

で、最近の歌で「おおっ」と思ったのが、back numberの「わたがし」。

想いがあふれたらどうやって
どんなきっかけタイミングで
手を繋いだらいいんだろう
どう見ても柔らかい君の手を
どんな強さでつかんで
どんな顔で見つめればいいの

超好きですよね、間違いなく。
でも「好き」とか「愛してる」とか出てこない。でも聴いてる人には「愛してる」って歌詞に出てくるより伝わる。

こういう曲がもっともっと、若い子にバキバキ流行って欲しいと思います。

マジ天野月子オススメ。


カタログ

カタログ