心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

討鬼伝 空のミタマ論

目指せ脱O脚!一歩です。


本日は久しぶりの「討鬼伝」ネタ。
ファミ通による人気投票で全8種中7位という、人気のないミタマ「空」の魅力と簡単な活用法をご紹介します。空の時代、来い!


・固有タマフリ

「縮地」
るろうに剣心で有名ですかね。古武術にも縮地法という技法があります。
効果は単純明快、前方に瞬間移動する。使用回数が30回近く、リチャージも極めて速いのでガンガン使いましょう。ある意味空のミタマの肝の部分かな。

「祓殿」
一定時間、鬼祓いの効果を持つ陣を展開する。
早い話が勝手に破壊した部位を浄化してくれるってことです。これ張って自分も祓えば速度は2倍。結構早く再生しようとする相手なんかに本領発揮したり。
使用回数は5〜6くらいが多いか。大型鬼1体討伐任務なら十分な回数。

「虚空ノ顎」
一定時間小さいブラックホール的なものを作り出して、敵を引き寄せ触れた相手にざくざくダメージを与える。
まあダメージは微々たるものなので、引き寄せるって効果をうまく使いたいところ。動きの遅い相手には効果はばつぐんだ!
使用回数は2くらい。まあ秘奥義枠ですよね。多少他のミタマに見劣りするようなしないような。


・スキルセット考察
まず縮地を生かすために、攻撃動作をキャンセルしてタマフリが行える「魂鎖」はほぼ必須となると思います。
ぶっちゃけあとはお好み。ステータスや攻撃そのものが強化されるタマフリではないので、単純に「攻撃力強化」などで数値を底上げしてもいいし「俊足」「一閃」などのスキルも面白いかも。後述の縮地活用法が上手くなってくれば「異彩」も生きてくるかもしれません。
「空」のタマフリ自体を強化するのもなかなか面白い。織田信長は「虚空ノ顎」の効果時間が5秒伸びるなんていうシブいスキル覚えます。さすが第六天魔王
ほかにも「縮地」の移動距離アップとか、前ではなく後方移動になるとか。幅が広い。


・戦術
さあ、縮地の魅力をお伝えする時間がやってまいりました。
基本的に回避行動として活用します。そのためにも「魂鎖」は是非欲しい。気力を使わずに回避出来るので、攻撃継続しやすいです。
さらに。これが大事なんですが、前方に瞬間移動するということはどういうことか。
「攻撃をかわしながら、敵の背後に瞬間移動できる」ということです。
まさに瞬間移動。まさに忍者。「捉えられまいッ!」という気持ちで。振り向いたりしてもらえると、その間は結構な攻撃チャンス。すぐに振り向いて隙だらけの背中に攻撃を叩き込んでやりましょう。

応用できるようになると、敵をすり抜けた先を予測しながら破壊したい部位に粘着するということも。カゼキリみたいな動きの速い敵で練習すると楽しくなってきますよ。「右の後脚もらったぁ!!」と叫びながら左前方からテレポートしてやりましょう。
もちろん敵に背を向けて縮地をすれば一気に間合いが取れます。弓使いさんなんかはこの使い方も良いんじゃないでしょうか。

そうして華麗に部位破壊に成功したら、祓殿を設置。自分はそのまま攻撃に戻れるので、攻め手が継続できます。

そして「虚空ノ顎」。敵を引き寄せ続けるので、敵の移動を制限できます。
溜め技系に相性がグッド。私は槍使いなので、溜め突きをガンガンぶち込むチャンスメーカーとして活躍しています。


・まとめとにかく縮地を使えるようになると劇的に面白くなる!!
敵の攻撃が迫っている!回避が間に合わない!
そんなタイミングを見切り、紙一重でマタドールのように縮地発動。
背後を奪い、一転してピンチはチャンス。渾身の攻撃を刻み付ける。
この快感にハマるとやめられない、それがかっぱえびせん……ではなく「空」のミタマ。
ほんと、ギリギリで縮地決まるとカッケー!!できます。そもそも通常の回避と使い分けると、かなり防御も厚くなるしね。

使い込むうちに上達していくのも分かりやすく、自分が上手くなっていくステップも楽しめます。

討鬼伝プレイヤーの皆さん、「空」のミタマを使ったことのない皆さん。そしてこれから討鬼伝を始めようとしている皆さん。
「空」使おうぜ!!


「空」のミタマ布教会の一歩でした。


討鬼伝