心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

松屋ユーザーとして復活したビビン丼は食べなければならなかった

相変わらず一番好きな牛丼チェーン点は松屋なので、今回のビビン丼復活は食べないわけにはいかないのである。


ビビン丼である。
ご飯大盛り無料だったから大盛りにしたら、これ朝食に食べたもんだから終盤だいぶ苦しかった。
先日の長町ラーメン中盛りも実は厳しかったし、ジワリと食が細くなってるのかもしれない。少なくとも量はそこまで必要としなくなってきているのだろうか……。

スポンサーリンク


以前のレギュラーメニューだった頃との変更点というと
・根菜きんぴらの追加
・小松菜ナムルの追加
この2点でしょうか。これによって、感覚的にはかなりボリューム感が増している感触。


スプーンでまぜまぜして食べよう……と思うんだけど、具材の種類が増えたこともあるのかなかなか混ざりません。
もういいやって具合に、混ざってないところが残ったまま食べ出すと……それはそれで美味しいんだなあ。

もうちょっと辛かったような記憶もあるけど、玉子によるマイルド効果のおかげでしょうか。というか味的には以前から調整入ってるのか分からないですけど。

とりあえず特別「うおおっ、美味え!!」みたいな強い感動はないけど、イメージしていた通りの安心する美味しさはそこにあります。むしろ松屋とかの常用飲食店に求めるのはそこかもしれない。