心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第9回「桶狭間に死す」感想

戦国時代の転換点、桶狭間のお時間です。

ストーリー的にはようやく歴史的に有名な出来事が到来。
とはいえ今週は直虎はまだまだ主役ではないし、タイトルと先週の予告で全開のネタバレみたいになってますけど直虎パパが主役。

「ガルマ散る」とか思い出しますな。

スポンサーリンク


今川義元尾張へ出兵。
その中には井伊のパパ達もいました。……何かを感じ取るパパ。
信長が突っ込んできたァ!!
まさかオープニング早々大ピンチとは。これは今週のメインは桶狭間の後の話かね。

「負けるわけがねえ」という感じがどこかで次郎法師達に流れていた中で、今川義元大敗のお知らせです。
負けたものの、全員が命を落とすわけじゃない。戦後の処理のための準備に奔走します。


桶狭間はパニック。
家康は今を好機と捉え、このまま岡崎に戻る……そう、松平家独立チャンスです。

奥山さんが帰ってきたぜ!
だけど、死ぬ人はガンガン死んでます。
しかし高橋一生さん、表情の演技うまいなあ。小野政次が魅力的に映る。

突然お父さんが死んじゃったので、今度は今川氏真がパニック。
松平元康、あっさりと岡崎を奪還。
「戻れ……戻れてしまったのう!」


今週は目まぐるしいな、なんか。
織田信長を舐めていた、というか。正直桶狭間って高度な情報戦だった部分があって、個人的には織田信長が戦争の在り方を一段階変えたのがこの桶狭間だったように思います。

……パパ上、首になって帰ってきましたね。
ここで大将を取られたのは井伊的にはかなり厄介ですが……父ちゃんは自害して、その首を掲げて織田のふりをして、一人の家臣を逃したのでした。


今年の大河、結構人が亡くなるところをしっかり描くねえ。軽いところは軽く、重たいところは逃げずにちゃんと重たく描きます。
しかしまさか開始15分でこんなことになっているとは。やはり「桶狭間に死す」のその後が本編だった。

家督の問題がスタート。
お父さんの遺言はまさかの「中野殿に任せよ」でした。
即戦力を一旦立てるって所でしょうか。かと思えば小野政次の陰謀説が浮上です。
その小野政次、内政能力も高いなあ。石田三成的な嫌われ方に見えてくるぜ。


「但馬が意のままにしている」っつーかさ、もう「但馬にしかできない」ような脳筋だらけの家中が問題だと思うんだよなあ。こういう感じがじわじわとイライラさせてくるのでしょう。
どう考えても小野政次、ちゃんと井伊のために動いているだけだと思うんだけど。というか小野政次だけが、変な感情で動かずにお仕事していると思うんだけど……。
これは……小野政次が断るんじゃなくて、嫁さんが手紙を書かないと……手紙食べちゃうよなそりゃ。


義元を失った今、今川家は内部分裂が激しい状態。
そんな状態だからすぐに戦にはなりにくい気配だけど、松平元康は岡崎城で粘っているらしい。漢です。野心もある。


お母さんから娘へのお手紙。こっそり読むのかよ!良くはないだろ!
平和な時代が来たら、綺麗な服でも着させてやりてえなあ……それが純粋なお父さんから娘へのメッセージですかね。武家の親子としてではないメッセージ。


失われる命もあれば、産まれる命もある。
井伊直親夫妻の元に赤ちゃんが登場!後の井伊直政でしたっけ、この子。
しかしこのナチュラルボーサイコパスと闇が深い嫁の夫妻の子供が井伊直政っていうのが。


これ、もしかして奥山のジジイ酒に毒盛ってねえよな……。
一気にカウンターしておしまい。小野政次、強い。毒は持ってないけど直接殺しにきた!!
毎週頭おかしい奴が出てくる大河ドラマ

奥山殿を斬ってしまいました。正当防衛としか思えないけど……。
そして来週も色々盛りだくさんっぽいな。