心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「みんなの食堂みのわ」で健康夜定食

仕事も終わり、キアヌ・リーブスの「ジョン・ウィック」を観に行こうと仙台フォーラムへ向かう。

到着したのは映画が始まるまでに1時間以上もある時刻。
気が付けば陽も落ちてきて、少し早いけど夕食を済ませよう……と思ってぶらりしていたら見つけたのが今回のお店です。

二日町の路地にひっそり佇むお店。
入店すると丁寧な応対をしてくださる女性の店員さん。というか一人で切り盛りしている様子で。

スポンサーリンク



新しい建物のにおいがする。内装もその通り、すごく綺麗です。


夜はお酒の提供もしている。おつまみはいずれもお手頃価格で、軽く飲むのに使うのもいいかも。

だけど今回は食事のお腹であり、この後にジョン・ウィックが待ち構えているということで素直に夜定食を注文。
メインを「牛肉すき焼き風」と「白身魚の南蛮酢」から選べるということで……ここは魚や!!


まず味噌汁が美味い。細切りの大根がたっぷり。
青菜の卵とじはダシが効いてて、少し濃いめの味付けがご飯にぴったりハマる。
メインの南蛮酢は酸味は柔らかく、食べやすい仕上がり。
ここで味噌汁に里芋も入ってることに気がつく。嬉しいじゃないですか。

カブのサラダは葉っぱの部分も使ってて、この葉っぱもまた好きなんでたまらないよね。ミニトマトも美味しいやつ。
箸休めにきんぴら。白身魚の脇に添えられたネギも味が染みてて美味しい。


……とまあ、なんというか完全にリアルに孤独のグルメ発動してしまいました。

食べているとドアが開く音。
どうやら聞こえている話を聞くと、野菜を仕入れている農家さんのようでした。
直接こうやって話をして何を仕入れるか考えているとか素敵ですね。


お会計の時にはそんな農家さんとの相談で騒がしくしてしまって……みたいな感じで謝られたんですけど、むしろそこまでちゃんと考えているということが分かってより一層美味しくなりました。


味的にも健康的にも身体が喜ぶ和の定食と、感じの優しい女性の店主さん。
なかなかこちら方面に来る機会はないけれど、近くに来たらまた来るだろうな……と思わせるいいお店でした。
しかし美味かったなあ……。