心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

風雷坊の味噌ラーメン

ラーメン特集の雑誌とか読んでると結構名前が載ってるのが「麺屋 風雷坊」で、今回はそちらに行ってきました。最近ラーメン食べ過ぎだな。

麺屋風雷坊|豚骨と和風だしのダブルスープ&真空熟成麺|仙台市青葉区一番町
仙台駅から少し歩いた場所にあるこのお店。アーケードをまっすぐ突き進んだ先の細い道にあります。


こだわりの「真空熟成麺」と、豚骨&鶏の動物系に昆布ベースの魚介系を合わせた「Wスープ」の組み合わせ、試してきましたよ。

スポンサードリンク


お店は階段を降りたところにあります。食券式のお店なので、事前にお店の前のメニューを見て食べるものを決めておくとスムーズ。

店内はL字型のカウンター席とテーブルが2席。オープンキッチンになっていて、調理の様子がよく見えます。

f:id:hiza10ji:20141109154850j:plain
わたしは一番人気という味噌ラーメンをオーダー。
炒めた野菜に味噌ダレ、スープを加えてフライパンの中で具材とスープを完成させ、茹で上げた麺にそれをガバっとかけてネギのっけて完成、でしょうか。見えてるのでじっくり見てました。


肝心の味なんですが、どうにも薄いというか水っぽいというか。
麺の湯切りを見てたんですけど、かなり軽めに行うんですね。そのせいで薄く感じるのかな、と思ったりしました。麺に残ったお湯で。

玉ねぎ、ニンジン、もやし、キクラゲの炒め野菜を麺と一緒に頬張りながら一人作戦会議。
野菜も加わると余計に薄味な感じに……。

f:id:hiza10ji:20141109155538j:plain
そこでテーブルに用意されていた魚粉とフライドガーリック、それぞれ入れてみました。味に輪郭が付いてグッと力強くなります。


味の方向性自体はかなり好きなタイプの味噌ラーメンだっただけにちょっと残念。「薄い」のではなく「優しい」ラーメンがコンセプトだとしたら、お門違いの発言しているのは自分のほうなのでゴメンナサイ。


……あと、ラーメン自体の話ではないんですが。
店員さんが隠す様子もなく、堂々とまかないを食べているのは流石にどうかなーと思ってしまいました。いくら食べるスペースがないとしても、なるべく目立たないように努力する姿勢くらいは欲しかったですね。