心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

真田丸 第35回「犬伏」感想

日本を二分する大戦を前にして、真田一族に運命の日が迫る。

石田三成による豊臣軍。
徳川家康による徳川軍。
野望・因縁・忠義などが複雑に絡み合い、親子兄弟が協力して来た戦国乱世も、ついに別れの日が迫る。

豊臣秀吉に可愛がられ、大谷吉継の娘を嫁にもらった真田信繁。豊臣への忠義に加え父に良く似た知謀・狡猾さもまた、豊臣へと導く。
一方で本多忠勝の娘を嫁にもらった兄・信幸は、初めは政略結婚だった姻戚もその義理人情と結婚生活、そして産まれた子供や義父・本多忠勝との友好な関係なども混じり合い、いつしか徳川へと導かれていく。

実際には全然似てはいないけど、ラオウとトキを思い出す。
今夜の大河は、切ない。

スポンサーリンク


「生き残るために、別れる。」
素敵な前フリ。

徳川を裏切るのではなく、表返るそうです。
上杉に着いたことが明らかになった瞬間危なくなるのが分かっているので、早いとこ大坂から離れなさいよ、と。きりちゃん面倒いが、信繁嫁も面倒い。

稲様、すでに徳川ではなく真田の女として覚悟を決めていました。
真田昌幸も普通にこういう時はいいこと言うんだけどねえ。


やっぱり仕えた時間の長さですかね。信繁は秀吉との出会いを思い返したり、茶々様の姿に心動いたり。

徳川家康、江戸へ。
先人は秀忠with本多正信。この老いぼれが一番ヤベエんだけどな。
やる気だけではどうにもならないんだぞ秀忠。必要なのは実力なのだ。

上杉討伐に動く大谷吉継の元へ、石田三成が登場。
「勝てるかどうか」ではなく「やらねばならない」。
徳川家康を止めないと、豊臣の世は終わる……。
「勝つ」
そういう気合いがあるなら、俺も戦おう。
このタイミングで大谷吉継が頭をフル回転させて策を練ってくれる……泣くでしょう。
「儂が勝たせてやる」これは惚れる。


さあ、石田三成が動くぞ。
伏見は宇喜多・小早川ペア。
総大将・毛利輝元豊臣秀頼を抱えながら大坂をキープ。
小早川がそわそわ。ここに板部岡さんがいるのが不穏すぎる。

この辺スゲースムーズに進んでるね。人質に取る流れとか。流石は大谷吉継
ガラシャこのまま神に召されるやつか。デウスは自害を許しておりません。介錯ッ!!
佐助ときりちゃんは隠し通路から逃げますよ。速攻石田勢に捕まってるやんけ!


いや、大谷吉継関ヶ原でエゲツない大活躍するから安心してください。
天下の行く末を決める書状、自分で書くぜ。
今週の主役完全に大谷吉継だわ……って石田三成が書いてるじゃん。まあこの思考の凄まじさは大谷吉継のものですけど。

大谷吉継をして「勝った」と言わしめた関ヶ原
実際に後の時代にアメリカの軍人が関ヶ原布陣図を見て「これ西軍勝ったでしょ?」と言ったらしいからね。


さていよいよ犬伏です。
佐助足速すぎるでしょ。石田三成挙兵が犬伏にも伝わったぞ。
うーむ、真田昌幸的には事象の順番が好ましくない。

パパ幸の決断は如何に……。
親子三人で決断のトークです。
上杉に協力しない。徳川とも縁を切る。
上田に篭り、攻めてきた奴らを敵と見て戦う。
長い戦になる。その時期を上田で耐えに耐え、疲れ切った他勢力を攻めて奪い取る……。

そうはいかないということを、信繁は理解している。現実的には徳川か豊臣か、どちらかに着くしかない。
さあ、家族最後のクジ引きですか。
兄も弟も育っている。「ちゃんと考えて現実を見て決めようぜ」と。

おおっ、大泉くんから言うのかコレを!
「俺は徳川に残る」
兄ちゃんカッケェ……カッケェよおい……。
真田が生き残るための最善の策を提案したのが真田信幸。アツい。
お父さんが直々に「良き策じゃ」と言われた(おそらく)初めての策がコレってのも、アツい。


徳川が勝てば兄が。
石田が勝てば弟が。
また一緒に酒を酌み交わすために、別れて戦う。

最後に酒を飲む三人。川を背にすれば、後ろに回り込まれない。それが本当の背水の陣だって。
軍略雑談で仲良く酒飲んで、さあ来週は多分兄弟対決だ。