心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 95話「有資格者」感想

不安が的中してしまった。
マジでジャックには「学ぶ」とか「反省」とかなさすぎませんか。

「噛みつき(バイティング)など戦場格闘技では基本の一つに過ぎん
狙いは頸動脈のみに絞るのが得策
尚、衣服の上から噛む際には布を吟味すべし
急激に引き抜かれ、前歯を根こそぎもってかれる例は珍しくない」
ジャックの父・範馬勇次郎がジャック本人に対して言った言葉です。
覚えとけよ……。

スポンサーリンク


噛み付いたジャック。
だけど噛み切れないぞ、本部の肩。
別段痛そうでもないぞ本部!!

噛み付き。
それは確かに強力な武器であることは間違いないのだが。
(武ではないんだよなァ……)
そう思いながら、本部は無造作に身体を振った。


はい、ジャック・ハンマー氏の歯が全て抜けました。お疲れ様です。
落下した歯を見てるとオール差し歯っすね。なんか歯茎に刺さってた部分が金属パーツ感半端ない。


本部の上着は刃牙世界ではもはや常識のアラミド繊維でできてました。
本部も肩を無傷とは言わないけれど、かなり軽傷っぽい。

一方のジャックは左脚がほぼ使えず、歯は全て失われた。
「潮時だ」
本部が言う。これ以上やる必要はない、守護完了ってところか。
本部曰くもうジャックの武器は全てなくなったらしいが、両腕と右脚使えるんだよな。
歯がないと噛む力がなくて、結果攻撃能力ゼロって話なのかな。


だけどジャックといえば刃牙ワールドで最も諦めの悪い男。
歯のない口で悔しさを噛み締めたらくしゃおじさんみたいになるジャックは、猛烈な勢いで本部に襲いかかる。

牙がなくたってライオンは獲物を襲う。
爪がなくたってヒグマはヒグマだぜ。
歯がなくてもジャックはファイターだ。
連打に次ぐ連打を受けながら、本部は思う。
フィジカルではかなわねェ……

ちゅどっ
なんだなんだ。
刃牙、勇次郎ときて今度はジャックに「ちゅどっ」ですよ。

本部は範馬の血に触れると煙幕張りたくなるのか。