読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

電撃文庫FC アスナ雑感

ゲーム

久しぶりに死ぬほど格ゲーしてきた。

というのも、「電撃文庫ファイティングクライマックス」が稼働していることについ先日気付き、嗚呼やりてえと思ったからである。



異様にコンボが長いわけでもなく、かといってコンボがないわけでもなく。
ゲームシステムもそこまで複雑ではなくて、とっつきやすく。
なかなか面白い。



ラノベも読まなきゃアニメも観ないので、キャラクターはどれも「見たことある」程度。
とりあえず後ろから見てて楽しそうだったアスナを使うことにした。


電撃 - 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』攻略:アスナ編 すばやい突進技と華麗な剣技で中距離戦を制する!
公式の紹介記事がこちら。なかなか充実していて良いですね。



以下主観的な感想が多々……。

通常技

通常技はリーチが比較的長く、発生自体も遅くはないっぽい。
つまり中距離が得意なキャラ。5Cの長いリーチの間合いを基本に考えて……。
一度触ったら2A、投げ、中段などで崩していく。
反対に飛び道具がないのが弱点なので、カバーできるサポートを選びたい。


対空に使えるのは2Bあたりだが、打点が低くそこまで信頼できる技でもない。
露骨な飛び込みはダッシュで潜ったり、ガードポイント有りで上へは滅法強いエアロ・ペネトレイター(2AB)、後述のパラレル・スプラッシュでのローリスク迎撃の方がいいかもしれない。


空中での戦いはそれほど強くはない様子。私の振り方の下手さもあるが、空対空でシャナとやりあったらだいたい負けた。
接近にハイジャンプは多用することになるが、こちらからの技振りは控えめにしたい。ガードしながら飛び込み、状況次第で
リフレクトガード(ガード中に2つのボタンを同時押し)で押し返しつつ、じわじわ近付く。
欲を出すと雑になって死ぬ。それが格ゲー。


ただし斜め下を突くJCはかなり性能が高い。出てしまえば一方的に相手の技を潰せる技なので、空対地の局面では押し込める。


一応空中での横軸が同じならJA、相手が上ならJB、下にいるならJCというところだが、差し込みにも置きにもJAの振り方のセンスが問われそうだ。

必殺技


必殺技は剣で前方を連続で突くパラレル・スプラッシュ(236AorBorC)が攻防に活躍。

f:id:hiza10ji:20140430215557j:plain

A版は広い攻撃範囲を活かして接近してくる相手に置くように振る。
C版はコンボの〆に。そのままキャンセルでEX技(1ゲージ消費)、ゲージがあるならマザーズ・ロザリオ(41236BC、2ゲージ消費)できっちりダメージを取れる。


突進技のシューティング・スター(AB)は確定反撃に。ガードされたらこちらも反撃確定なのでご利用は計画的に。

バックステップ後、斜め上に突進するフラッシング・ペネトレイター(214AorBorC)。
B、C、EX版は技後にジャンプキャンセル可能なので、初見では結構有用……なのだが、分かってる人はきっちり技後にジャンプして攻撃を振ってくる。結局防戦に回ることになったりするので、そこまで使える感じでもなかった。
ちなみにコマンド入力後ボタンを押しっぱなしで突進が出ないので、擬似的に通常技キャンセルバックステップができる。固めのアクセントや仕切り直しに使える。


切り札は鉄拳正妻(AC)。
無敵時間後に超高火力、中段判定のアッパーを繰り出し、技後は通常技のキャンセルルートが増えるなどの強化状態になる。
ワンボタン切り返しとして優秀であり、起き攻めで図々しく振っていったりするのも面白い。


マザーズ・ロザリオ(41236BC、2ゲージ消費)は初段のリーチ、範囲、そしてダメージに優れた乱舞技。コンボの〆以外にも、引っ掛けからの殺し切り、投げキャンセルでダメージ底上げなど使い勝手はかなり高い。

もう一つの2ゲージ技スターダスト・スプラッシュ(63214BC)はダメージは低めだが出始めに無敵があるらしい。切り返しに使える……けど、エアロ・ペネトレイターや鉄拳正妻があるからなあ……。

f:id:hiza10ji:20140430215617j:plain


コンボ

基本ルートは2A>5Bor2B>5C>Cパラレル・スプラッシュ(236C)。
ここから発展していく。


確定ダウンが取りたければCパラレル・スプラッシュ>EXパラレル・スプラッシュ(236AB、1ゲージ消費)。

ゲージがあるならCパラレル・スプラッシュ>マザーズ・ロザリオ(41236BC、2ゲージ消費)でダメージを取る。

ブラストが溜まっているならCパラレル・スプラッシュ>EXフラッシング・ペネトレイター(214AB)>jcパワーブラスト(ABC)で相手を吹き飛ばしながらパワーアップ状態になれる。
パワーアップ中はゲージもどんどん溜まるので、EXフラッシング・ペネトレイターで使った1ゲージは問題無い上、吹き飛ばした後はサポートを絡めて接近できたりとなかなかに良い。ブラストが溜まっているならこれでいいかも。


地対空で5A、5Bが引っかかったり、2B対空に成功したらジャンプキャンセルからJBJC>jc>JBJC>空中Bシューティング・スター(空中で236B)が基本。高度などで間の攻撃を省いたりして調整しないと、最後のシューティング・スターが当たらないこともあるので注意。


ゲージがあればシューティング・スターをEX版にすることで確定ダウンが奪える。
またEXシューティング・スター後最速で5Bを出すと繋がるので、〜EXシューティング・スター>5B>5C>マザーズ・ロザリオなども可能。


ゲージが4本あれば
2A>2B>5C>Cパラレル・スプラッシュ>EXフラッシング・ペネトレイター>jc>JC>EXシューティング・スター>5B>5C>マザーズ・ロザリオなんてことも可能。

まとめ

引っ掛けたりしたところからきっちりダメージを取ることを意識していきたいキャラクター。安易な行動はしっかり咎めてダメージを叩き出す。相手の動きをよく見ることがより重要なキャラというイメージだった。


機動力は高くなく、飛び道具もないキャラなので「いかに自分の得意な距離に持ち込むか」が鍵。

そのために飛び道具、相手サーチ系のサポートキャラを選びたい。キノ、セルティ、ハルユキあたりはなかなか良かったです。



しかしシャナ人口多い。
そしてシャナ強い……。