心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

真田丸 第12回「人質」感想

信長の野望ではずっと真田家にいるし武力高いからエースアタッカーの真田信繁も、史実でいうと結構な長い期間人質生活です。
そんな人質生活もいよいよスタートするわけですけど、ここからマジで信繁よりお父さんの真田昌幸のお話が加速することになる可能性が。


まあタイトルが「真田信繁」じゃないし、それで問題ないのかもしれませんけどね。真田丸は父ちゃんから伝わった真田魂の集大成だ!的な。

スポンサーリンク


上田城で黄昏てるのはきりちゃんです。
毎週イラッとしてたけど、きりちゃんは数少ない「普通の人の感覚を持ってる人」という役割があるからなあ……。そういう意味ではメリハリとして必要なんだけど。


徳川家康、近頃ちとお太り気味です。
本多正信は真田を最も警戒している感じ。
室賀さんがミスったことで、これ完全に真田が徳川の敵になった状態に。
あと家康の嫁さん鬼嫁だな。

真田昌幸、マジで上杉と協力してほしい状況。
それは徳川と縁を切るためにも必要な一手です。
「どうしても協力して欲しかったら人質を先に出せよ!」とのことで。

信繁的には全然あっさり人質OKです。このために何度か上杉と接触シーンに信繁自身が絡んでた理由かな。
「実際に会ってみて、上杉景勝嫌いじゃないぜ」という前フリ。

本当には子供はいなかった!!
……のか?グレーっすね。


しかし毎度毎度今年の直江兼続に違和感がすごい。
上杉景勝、良い政治家ですねこれ。
上杉景勝もまた真田信繁に惚れ込んでいる。なんか上杉謙信よりも上杉謙信してるのが今年の景勝だ。
あとは直江兼続真田信繁のピリッとした戦いが描かれたりするんすかね。

「民が安心して暮らせるようにすること。民の心を掴めなくて何が国造りじゃ」
聞いてるか今の政治家ーーーッ!!

「死に様は生き方を写す鏡」
名言製造機・上杉景勝
真田昌幸の策謀と上杉景勝の義の精神。そうして真田信繁が完成していくわけか……。


御館様、これ部下には舐められてるんすかね。
兼続が真田昌幸ポジションなのかね、上杉家では。
弱まった上杉、その中でも民のことを想いすぎる故に訳が分からない状況になってしまうのが上杉家の現実。
現実が伴わないから、理想が叶えられない。


まさかの盟神探湯でございます。嘘ついてたり義に反していると持てないってやつね。
どうやっても手は持たないんすけどね。
ちなみに織田信長はこれ平気でやってます。
まさかの信長エピソードを真田信繁に被せてくるとは。


「もうよい!」
御館様ァ!!
真田信繁、このまま名内政家になるぞ!
実際に取り組めば意外と簡単な話だよね。1箇所しかないなら交代で使うフェアなルールを作ればいい。
なんかもう真田信繁が上杉家臣になってるわ。
あとこの感じで各々の問題を抱えた浜に行ったらサクサク解決しそうで怖い。


やっぱり実は妊娠してたから普通に子供が生まれました。女の子。
さらに上杉は正式に再度真田と協力体制。沼田も真田のものに。
徳川家康と戦う準備が整った。


いよいよ上田合戦ですか!!
2000対7000。
結果を知ってるからあれだけど、ここから華麗なる真田昌幸の戦いが始まるぞ。
「存分に戦ってこい!そして戦が終わったら戻ってこい」
今週は上杉景勝無双だった。


第13回、決戦。
北斗の拳でいうとサザンクロス編の終わりですかね。