心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第28回 「泣かない女」感想

さあ今週から新番組

「新・花燃ゆ」

スタートですね!!
……なんだよ新って。毛利家大奥編でしょ?
NHK側の必死な視聴率アップ作戦がみえますけど、今年の大河は「え?主人公これ誰?」が土台にある限りダメだって。井上真央ちゃんは頑張ってるって。問題は脚本でしょ。

スポンサーリンク


早いなあ……展開早い……。
スタートは名もなき状態からスタートの文さん。
今週からもうマジで第1話並みに登場人物入れ替わった。このタイミングで登場人物紹介をバシバシ繰り出されるのはリズムが。

「奥は私が守るッ!」
奥方、こりゃ漢気溢れるカリスマ性を抱えておる。しかし敵対勢力である田中麗奈は若い時の織田信長型です。


さあ、歴史のメインストリームである下関の状況は絶望的。あまりの極限状態に高杉晋作の力が必要になってしまって釈放。
高杉晋作は講和に向かうメンバーの一人。それがこれまで戦ってきた仲間たちの心に疑惑を産む。
……高杉晋作なんだぜ?奴の炎が久坂玄瑞のようにただまっすぐ燃えるタイプの火炎じゃないって気付こうや。


文さん、高杉晋作のもとへの旅へ。
ガードとして付いてきている鞠さんが武芸の心得もあるらしく心強し。でも本当は監視なんだけど……これは仲間になる気配。

お母ちゃんは文さんの気持ちを理解していたか。あれはヤケクソになったからではなく「自分自身で知り、歩きたいから」。


桂小五郎がホームレス状態。何故か逃げの小五郎は忠実。


高杉晋作失踪!
なんと高杉家伝来の着物は間に合わなかったのか。
仁先生は良いところで出てくる。
藩命で京に行き、今度は藩命で講和が進んでいる。これは攘夷派としては理不尽でしょうな。


文さんを突き動かすのは、根本的に「知りたい」「見たい」あたりの欲求。
これは兄・松陰と同じイズムだ。


ともかく高杉晋作と文さんが接触。
高杉晋作の真の狙いは「長州の開国」だった。
武力で戦うのではなく、開いてからが真の戦いだと。

仁先生「お前の名前は今日からみわだ!」

高杉晋作、キレる……キレすぎる。
今年の大河見てると時代変えてるのはほとんど高杉晋作なんじゃねーかと思う。


椋梨さんの暗躍が凄い。
そして文さんの出世が早い。
そして奥内で久坂玄瑞の妻であることがバレてしまった。
このタイプの……このタイプの陰湿な空間の話、すげー気分悪くなるんで嫌いなんすよね。


次週以降がどんな感じになるか次第ですけど
、今週くらいのバランスで高杉晋作編が入ってくれればなんとか見れそう。
イジメ編はいらないっす個人的には……。