心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「軍師官兵衛」 第29回感想

本能寺が明けて……。
第29回「天下の秘策」感想です。



f:id:hiza10ji:20140722194331j:plain

なぜに官兵衛、安国寺恵瓊に信長死去を伝えたやら。交渉のスピード考えたらこれが最速ってことですか。

と思いきや、まさかの黒田官兵衛安国寺恵瓊がタッグを組む!!

【スポンサードリンク】



中国大返し編の始まり。

秀吉の信長への熱い想いと、官兵衛の冷たい軍略が両輪となる感じですね。


清水宗治のイケメンっぷりが凄まじい。


「機を逃すな」が徹底的に描かれる回ですね。
ライフハック大河ドラマ

嘘は言ってないけど、「天下のため」って言葉は少し正確じゃない気がする。


中国大返しのスタンバイ計画の盛り上がり感、たまりませんね。


信長が死んで2日後には清水宗治切腹
清水宗治……ほんとこの人……。
黒田官兵衛ッ!!会えて、嬉しかった…」
信長死ぬ時よりずっと感動します。
この話で映画作らないかしら。


タイミング的にはギリギリ間に合った秀吉側。和議は成ってしまったから毛利側もすぐには動けない感じでしょうか。


長政と又兵衛が合流。


家康の伊賀越え、これもなかなか映画にすると面白そうなんですが。
井伊直政本多忠勝榊原康政がついてるって知ってたら攻めたくないですね。


明智光秀の三日天下スタート。
安土城、今の残ってたら世界最高レベルの建築物だと思うだけに焼けたの残念です。


光秀の不運は同調者が少なかったことでしょうかね。
朝廷の力が本当に昨日すると思ってるあたりが。


「戦とは騙し合い」。
毛利にバレたー!!
官兵衛、逆ギレだー!!

毛利へのプレゼントは「天下人の従臣の地位」ということでしょうか。
毛利もはっきりと羽柴側につく意志を表明。小早川隆景、粋ですね。


中国大返し、始動。

清水宗治の意志を踏みにじるおつもりかッ!?」
小早川隆景カッケー。
「どけ……隆景」
吉川元春もカッケー。


朝廷という後ろ盾になんの意味があるのか。
軍事力に対しては無意味ですからね。


第30回「中国大返し」。
これは激アツ。


今回のエンディングは清水宗治の話で、これまたたまりません。
岡山行きたくなりますね。