心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「FIRE アンティオキア」の革新的飲み方に挑む

 

以前「FIRE 挽きたて微糖」の新しい飲み方を試してみたという記事を投稿したのだけれど、まだまだ「挽きたて微糖」は狂気の入口に過ぎなかった。

 

f:id:hiza10ji:20131022123002j:plain

「FIRE アンティオキア」。

狂気に彩られたその飲み方に挑みます。

 

では早速商品紹介。

KIRINコーヒー「FIRE アンティオキア」は、アンデス山脈の高地で栽培されたコロンビア・アンティオキア産の豆を商品のコーヒー豆全体の半分以上使ったという、贅沢な一本。

「太陽と風と雨の力が凝縮した豆の味を直火焙煎で解き放ちます」という謳い文句がステキ。

 

では、問題の「新しい飲み方」……見てみよう。

f:id:hiza10ji:20131022123019j:plain

1.最初にパッケージのイラストをよく見てください

2.FIREの香りを、味を感じながら目を閉じるとあなたはアンティオキアにいます

3.アンデス山脈に降り注ぐ太陽を全身に浴び、悠久の大地から雄大なエネルギーを吸い上げます

4.心の火がチャージされていきます

ざわ・・・

「うおっ・・・なんだこれっ・・・!」byカイジ

 

相変わらず突っ込みところが満載である。

問題は1から2の間。パッケージをよく見ただけではプルタブは開かれないし、当然香りと味は頭と心とでイメージしていくしかないのである。さらには結果そのままアンティオキアに行かなくてはならない。アンティオキアってどんなところですか・・・。

さらに追い込むように3。すでにアンティオキアにいることが前提になっているので、太陽を浴び、大地からエネルギーが吸いあがっていかなくてはならない。

そうして心の火がチャージされる。

 

難易度たるや!!

まず飲んだことないのに「FIRE アンティオキア」の味と香りをイメージ!

そして行ったことのないアンティオキアをイメージ!

さらにアンデスに降り注ぐ太陽とその悠久の大地のエネルギーをイメージ!!

 

なんつーか座禅なんかと同じレベルで難しくないですか、これ。

 

 

まあ言っても仕方ないので普通に飲んでみた。

「挽きたて微糖」よりも苦味が抑えめかな、意外なことに。

結構飲みやすい感じで好みでした。今度喫茶店行ったらコロンビア系のコーヒー挽いてもらおう。