心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

プレミアムフライデーは機能してんのかね

昨日はプレミアムフライデーでした。僕は普通にラーメン食べて帰ったけど。
三四郎オールナイトニッポンゼロを聴いてると、定期的にその月の最終週の放送でプレミアムフライデーに触れる。
その度に「あ、そんなんあったねえ」と思い出すのです。

街とか歩いてると、それなりにお店の看板とかでプレミアムフライデーを謳っている店はある。
ただ実際どのくらい効果があるかっつーと、なかなか疑惑。
普通に働いている人との乖離がエグいよね。

続きを読む

癒しの和風タルタルチキン定食in松屋

仕事は相変わらず忙しい中、今かよってタイミングで上層部の人事異動があったりしてワチャワチャしており、結果なんとなく空気がピリッとしていてやりにくいムード。

そんな最中、オレたちの松屋が新メニュー「和風タルタルチキン定食」を繰り出してきたので食べるしかありませんね。本当に美味しいご飯くらいしか分かりやすいストレス解消法がない。

続きを読む

眠れない日々……そんな時舞い降りた「多相睡眠」のウワサ

なんかよく考えると結構前からずっとそうなんだけど、どうにも睡眠がうまく取れていない。
多分平均で5時間くらい。しかも間で1〜2回目が覚める。
そうなると昼間眠くなったりすることもあり、なんだかもう……びゃーってなりますわ。

毎日の平均睡眠時間が減っていくと、やがて徹夜したような残念なコンディションに至ることが分かっているらしい。
ただでさえ仕事が忙しくなってきてるので、なんとかしたいよね……と思ってたところに「多相睡眠」。

スポンサーリンク



多相睡眠とは

ということでとりあえず毎度お世話になっておりますWikipedia氏。

多相睡眠(Polyphasic sleep、分割睡眠 Segmented sleep, divided sleep)は、一日に複数回の睡眠をとること。人工照明発明以前の人類が行っていた、動物の一般的な睡眠法

多相睡眠 - Wikipedia

本来動物としての人間は複数回に分けて睡眠を取っていた!という衝撃的事実が明らかになる。
実際電気による照明が発明されるまで、ヨーロッパでは一度夜中に目を覚まし、少し活動してまた寝るという「二層睡眠」が基本形だったらしい。


ずっと睡眠の質ばかり考えていたけど、いっそのこと積極的に睡眠を複数回に分けてしまうのはどうか?と思いついた。
早めに布団に入って、一旦4時とか5時くらいに目が覚めてしまうとする。そこで30分なり1時間なり読者などをして、もう一度寝て7時起床みたいな。


「まとめて長時間しっかり眠らないといけない」というプレッシャーがそのまま眠りを妨げていたんじゃねえかと。
動物としての原始の力を思い出し、多相睡眠というやつを試してみようかなと思う。ダメなら別の方法考えましょう。


最近駆け込み乗車が急増してて怖いんだけど

今年、というか4月からの新年度ですかね。
目に見えて朝の通勤ラッシュ時の駆け込み乗車が増えました。というかマナー的な部分が悪化してるような気がする。

JR電車編成表2018夏

JR電車編成表2018夏

この前の朝あったのが、もう出発しますよって感じで「無理な乗車はおやめください!」って駅員さんが両手広げてるところに若い女の人が突っ込んで来て、閉じかけているドアに無理やり入ろうとして、荷物引っかかり〜のゴリ押しで乗り込んで来て、なんかドアに挟まった肩を痛そうにしてんのね。

控えめに申し上げて「何やってんのこの人?」状態だった。

続きを読む

友人のお話

一人だけ中学時代からの付き合いで、今もちょいちょい会ってる友人がいる。

友だち地獄 (ちくま新書)

友だち地獄 (ちくま新書)

この長さの付き合いで、かつこの頻度で会ったりする……となると完全に唯一の人間なんだけど、先日書いたように人間関係にドライな自分が何故そいつとは長い付き合いなんだろう、と考えてみると……。

良い意味で「浅い関係」だからなんですね、おそらく。

続きを読む