読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「カツカレー丁屋」でカツではなくホルモンカレー

やっぱり忘れた頃にカレー食べたくなる。お店のカレーを……。

ということで今回は勾当台公園の近くにある「カツカレー丁屋」さん。
頼んでから気が付いたけど、こちらのお店は鶏ムネ肉のチキンカツに力を入れているらしいので、初見だからそれ食べておけば良かったか……などと思いつつ頼んじゃったホルモンカレー食べたらこれはこれで大変美味しゅうございました。

続きを読む

神聖円卓領域を往く

いま一番やってるゲーム、FGOです。


突如難易度が跳ね上がると聞いていた第6章・神聖円卓領域キャメロットを進んでいる我がカルデアメンバー。ここにドレイク船長が入れ替わって入ったりしていますよ。

来月から始まるイベントが本編クリアした人しか参加できないということもあり、クリアしておきたい……でもキャメロット難しいらしい……。
そんな葛藤の中で手を出してみたんですが、さあどうなっているか。

続きを読む

刃牙道 第155話「国家の為」感想

いや、花山さんはカッケェ。

〜今週のあらすじ〜
「国家の為」に協力してくれと内海警視総監が迫るものの、花山は一向に動かない。
一朝一夕には埋まらないほどの溝が警察とヤクザの間にはある……。
その言葉を理解した内海は去り際、本心を吐露する。武蔵に斬られた大塚は同期、その仇討ちをしたくても自分では傷一つ付けられない……その先を言おうとした内海を花山が止める。花山薫は国家の為ではなく、義の為に動く。

続きを読む

改めて「龍が如く0」をプレイして、完成度の高さを再確認する

龍が如く6」をクリアした後に僕がしたことは、「龍が如く0」を買い直すことだった。

んで改めて「龍が如く0」をプレイしているんだけど、メチャクチャ面白いのねやっぱり。単純にゲームとして遊べることが多い。
6は正直画質とぬるぬる動くことに力を割きすぎて、ゲームとしての面白さが少なかった印象なんですよね。あと正直ストーリーにも不満はあったので。

はっきり言ってしまうと全面的に0の方が上でだと思っちゃう。
「本編進めるのを忘れて他のことやっちゃう」のが龍が如くだと思うし、それをやりたくなるのが龍が如く0というか。

続きを読む

金でストレスを排除する

先日から調子悪かったiPhoneの充電のところの接触。
ホコリ取ったりして少しだけ、本当に少しだけ良くなったけど結局ダメだったので修理してもらいましたよ。ホームボタンの時と同様に民間の修理屋さんです。
30分くらいで直してもらえるし、データもそのままなので個人的にはこちらの方がいいなあと思ってしまう。Appleのサポートは受けられなくなりますけど、それで不便を感じたことはないし……。

続きを読む