心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

会津若松ひとり旅・2日目

2日目は午前中のみ、つまり飯盛山のみを観て終わる。

朝は4時半に目が覚めたので、そのまま朝風呂。
この時間でもかなりの人が風呂に入ってます。せっかく温泉来たんだから入りまくれ!みたいなことなのか……。


今回の旅のもう一つの目的に「さざえ堂」があった。
これは白虎隊自刃の地である飯盛山にひっそり建ってるお堂なんですが、内部の階段が二重螺旋構造になっており、登りと下りがすれ違わないという不思議建造物。一度入ると出るまで同じ場所を通らないわけですな。

スポンサーリンク


人生においては飯盛山は過去2回来たことがあったけど、そのいずれにおいてもさざえ堂のことを完全に見落としていた、というかこの建物の存在自体知らなかった。
知ったのは「ブラタモリ」の会津若松編で取り上げられていたからで、ようやく見ることが出来た。さざえ堂、場所が分かりやすい参道から逸れた道の方にあるんだもの……。


と言いつつも、もちろん飯盛山もちゃんと見てきたので写真挙げていきますよ。まだ朝早めということもあって、参道のお土産やさんはまだ静かな感じ。


飯盛山名物スロープ。せっかくなので乗ってみた。
これがあるので、足腰の弱い人でも登りは楽が出来るかも。こういう設備がしっかりあるあたりもまた観光地って感じ。


この方角に炎上する鶴ヶ城を見た白虎隊隊士が、この場所で自刃した。
命を大事にしようよ……と思うのは現代の考え方で、やはり当時はまだ武士道が息づいていたのでしょう。
まだ他のお客さんもいなかったので、しばらくこの景色を見ながら想いを馳せると、爽やかな風が吹いた。


ちなみにこの写真の方がさざえ堂の構造が分かりやすいですかね。

あとは帰るだけで……その帰りがキツイっちゃキツイ。
福島がデカすぎるんですよね。会津若松〜郡山が1時間。郡山〜福島が50分弱。そして福島から仙台まで90分。それぞれ電車での移動時間ですが、福島〜会津若松間だけ考えてもすげえサイズ感ですよ福島。


実質は1日半くらいの旅。
正直な話、何処でもいいから少し遠くに行きたいっていうのが第一で、そこに金銭やある程度観光はできるのかみたいなことを擦り合わせて場所を決める。
とにかく自分を知っている人がいない場所に身を置きたいという衝動が定期的に来る。

終わってみると身体は疲れるけど、精神はかなりリフレッシュする……。