心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

花燃ゆ 第16回「最後の食卓」感想

こんばんは。昨日新しい靴を買って、馴染ませる意味も込めて散歩に出たら靴擦れで両足首後部が出血した者です。


f:id:hiza10ji:20150419190805j:plain

早くも吉田松陰死亡が目前に迫って来た!今週は「最後の食卓」。
キリストを描いた名画「最後の晩餐」のオマージュでしょうかね。飯を食って処刑され、吉田松陰はいま伝説になる。


スポンサーリンク


やっぱりその生涯が短すぎて主役にできなかったんだろうなあとは思うものの、逆に言うとその30年に満たない生涯を大河ドラマとして1年かけてやったらすげーディープで面白そうなんですけどね、松陰。

しかし先週のラストの松陰先生は凄まじかったな……とか思ってたら開幕から久坂玄瑞帰還ッ!!


なんだか離れていたが故に二人の関係が夫婦になった感じがする。
吉田松陰を救えるのは久坂玄瑞なのか……!?

兄上を元に戻す本があるはずだ。なんか魔導書みたい。
吉田松陰は文ちゃんにとっての道標。そしてその道標自体が壊れてしまった今、文ちゃんもまた彷徨っていると……あなたには旦那さまがいますよ!


吉田寅次郎を江戸へ?」
これは仁先生もピンチ。歴史を知ってるとピンチっつーかチェックメイトなのは分かってるけど。
長州藩のために死んでくれというところか。まあ長州藩をそんな局面に追い込んだのは松陰なんだけど。


松陰は自分の死によって自分の全てが完成すると思っている。
それを正そうと必死な文ちゃんも、ここに至ってはもう空気読めない感じですか。


「我らは、我らを生きねばならん」
これは松下村塾の教えに対するアンチテーゼか。


肖像画を描かせるってのは、もう死ぬの分かってるね。
とはいえ松陰、まだ闘志は消えず。
吉田松陰これまともに話を聞いてもらえると思ってんのか。


……。
アナキン・スカイウォーカー感凄いな松陰。
はじめは人々に光を説いていたのに、結局ダークサイドに堕ちてるし。
富永さんはジェダイの先生みたいだな。



文ちゃん自立してなかった!!
今まで松陰がそのまま文ちゃんの思想でもあったのか。
「自分を偽り、思うところを語れない」状態なのか松陰。偽ってるというか殻に閉じこもってる子供っていうイメージ。

まっすぐすぎて、あまりに曲がることができなくて周囲を理解しようとすらしないっていうワガママ少年に見えてきた。
自分が曲がれなくても、人は曲がるってことは理解しようとしなければいけません。


松陰、甘っちょろいヒロイズムに浸かってる感じだなあ。
こんなに周囲が言ってくれてもダメってなんだよ。頭良すぎて頭使えなくなってね?


ここで姉ちゃんの方の株価が上昇。
嫌いだっつっても実の兄貴だしな。


松陰帰宅。
これワザと樽倒したような……。
元の松陰に戻すための最終作戦です。
男手みんなで畑仕事して、風呂で母ちゃんに背中流してもらって。
「蜩の記」を思い出す。
こういうのに弱いっすね自分。


「兄ちゃん逃げろ!」ではなく「兄ちゃん死ぬな!」が文ちゃん魂の訴え。
松陰の中では出会いと別れの中で成長し、自分の順番が来たかって覚悟ですかね。
必ず帰ってくるって言ってるけど、本人より周囲が「もう帰って来ねえなー」と思ってるよね。


久坂玄瑞が提出した本は、松陰が自分で書いた本だった。
うーん、BGMいいよね今年も。


松陰最後の授業。
松陰最後の野山獄。
「私は私でいられるだろうか」
これは万人共通の、死に対するテーマかもしれない。


松陰の旅立ちは雨。お出迎えは久坂くん。
「文の手を、離すなよ」
うへえ。


おおっと!
最後の食卓には吉田松陰がいないという事態が発生。
でもこの演出、いいかもね。会話の内容は「明日をどう生きるか」なあたりが。
生と死の対比が……。


次回「松陰、最期の言葉」
ついに死ぬ時が来たか……吉田松陰VS井伊直弼!!