心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

軍師官兵衛 最終回「乱世ここに終わる」 感想

最終回!!
まさか関ヶ原の戦いを最終回まで引っ張ると思ってなかった官兵衛もいよいよ終局を迎えます。

f:id:hiza10ji:20141221200001j:plain

徳川と豊臣の対立を利用し、着々と勢力を拡大する如水。
そんな最中、ついに関ヶ原が始まる……!


秀秋ヘタレすぎてたまりませんね!
家康に大筒ぶち込まれて東軍に寝返りだァ!
三成お疲れ!!

スポンサーリンク


のちに海外の軍人さんに関ヶ原布陣図を見せた時には「これは西軍圧勝でしょ?」と言われた関ヶ原も、小早川軍の東軍付きであっさり覆りました。


数日後、官兵衛に「関ヶ原終了」のお知らせが。
それは官兵衛の野望の終わりも意味していました。


うーむ、茶々様の立場的にははっきり「三成助けろ」って言えないよね。勝者が正しい世界であります。


安国寺恵瓊もここで死ぬのか。知らなかった……。
しかし三成、死ぬ直前すげえカッコいいんだよな。首斬られる直前まで家康を倒すことを諦めてない姿勢。
そこはナレーションで処理かぁー。



これ長政がとーちゃんに怒られるシーンじゃねえの!?
「なんで家康殺さねえの!!天下とれたじゃん!?」ですね。
しかしここからの官兵衛は野望も潰えて静かな生活では。最終回なのにほとんど家康の話ではなかろうか。


家康と如水のタイマンでの会話。
如水が自分の真意をはっきり口にして、もちろん家康もそれは理解していたわけで。
官兵衛も三成も、「天下を争う」意志は同じだったようで。


「天下は、天下の天下なり」
これ言われたら官兵衛何も言い返せないな。
私物化してしまっていたのは官兵衛、身に覚えがあるんじゃないかと思います。


官兵衛死にそうになってます。声がヤベェ。
息子に関ヶ原の背後で自分が考えていた野望を伝え、自分の野望を潰したのが息子自身であるという事実を喜んでいたことも伝え……。

官兵衛最後の教えが、長政へと。
「信じろ」


ここで官兵衛が善助に兜を!ここは長政じゃないのか……!?
しかしこのBGM泣けるよね……。


官兵衛の死因はなんだったんでしょう。老衰でよろしいのか?
ずいぶん奥さんが元気ですが対照的に瀕死であります。
「悔いが思い浮かばぬ」とは言ったが、天下を奪えなかったのは悔いじゃなかろうか?と。

幸せだなあ、官兵衛。
こんなに親しい人に囲まれて、最後に言うべきことも伝えて昇天。


冬の陣は端折って夏の陣へ!
黒田武士の心意気は後藤又兵衛へと受け継がれておりました。
いや、又兵衛をニートにしたのは長政じゃなかったっけ?社会的にも死なせてますよね確か。


官兵衛と約束した「天下太平」。家康は果たしまして……。


あっさりめに「完」!!
軍師官兵衛、完!!


もっと関ヶ原周辺をダイナミックに描いて欲しかったりしましたが……あれ、来年の大河すげえ面白そうじゃん!!