心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

特濃ラーメン一丁!「KEN's KITCHEN」

前々からあるのは知っていたお店だが、なんとなーく入りにくい場所にあったので入らなかったラーメン屋。

洋食、フレンチ、寿司屋などが並ぶ地下飲食店街の一番奥に「KEN's KITCHEN」はある。

ラーメン屋らしからぬカラフルな看板に、「濃厚」を謳ったイチオシ「KEN'sラーメン」、いただいてきました。


店内はこれまたラーメン屋らしくないオシャレ空間。良い意味で無機質なインテリアで統一されていて雰囲気がある。

券売機で券を買い、メタリックなカウンター席に座っていざ待機。

f:id:hiza10ji:20131111210848j:plain
KEN'sラーメン 750円

うーむ。先に言いますけど、今回は結構辛口評価させていただく。
一言で言うと、分かりやすい近年流行したラーメン要素の盛り合わせな一杯。
節の風味が効いた、豚骨と魚介のダブルスープ。
つけ麺ブームの流れを組む、太めの麺とドロドロ濃厚スープ。
しっかり大きめのメンマ、これまた大きなチャーシューがどっしり。

どれもこれも何処かで食ったことがあるし、その何処かのほうが美味しいんだよねえ…。

ドロドロスープならすぐそばに「天下一品」がある。天一はなんだかんだ通う。
太麺でダブルスープを楽しみたいなら、仙台にはつけ麺屋さんもたくさんありますし。「六朗」に「おんのじ」に。

「濃厚」を謳う割には、粘度はあるけど味は普通…。テーブルに置かれた「ラーメンタレ」。今回は使わずに食べたが、このラーメンタレ追加は前提かもしれない。
ニンニク、ラー油、酢、黒胡椒も置いてあるので、これらで自分の味に調整する、ジャージャー麺的な楽しみ方が正解なのかも。

とろみの強いスープが跳ねにくいようになのか、底の深い丼での提供。オシャレな器だしこういう気遣いは素敵。
こういう方向のラーメンは、何か強い個性がないと光らないなあ…と思う。

「外れ」とまでは言わないけれど、正直何も思わないような一杯だった。
前回食べた「いちず」が良すぎた反動ですかね。