心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第93話「煙草」感想

真・本部無双

ついに開戦、本部以蔵VSジャック・ハンマー
素手のままその脅威的なフィジカルを最大の武器として戦うジャック。
何をしてもいい……どころか、何を使ってもいい戦いにこそ光り輝く本部以蔵。
なかなか対照的な戦いだ。身長的にも。


「愛煙家は肩身が狭くて……」
そう言いながら、煙草から手を離す本部。
その煙草が落下していく……その時。
右手でその煙草を弾き飛ばした。

煙草は火のついた方がジャックに向いたまま、その左眼に迫る。
……つーかこれ相当すごいことしてないか本部。
まず回転しない煙草。そしてまっすぐ目に向かう煙草。
これは棒手裏剣の技術かもしれない。
回転せずに進む煙草は、ジャックから見たら宙を高速ですすむ赤い点に過ぎない。

かつてシコルスキーの放った釘を口でくわえガードしたジャックも、この奇襲は避けきれなかったか。

スポンサーリンク


左眼に直撃する煙草。
それに怯んでいるジャックの顔面に、華麗にドロップキックを叩き込む本部。……こんなにカッコいい本部初めて見てるわ。

奇襲成功。
ドロップキックのダメージはほぼなさそうだが、きっちり左眼の視力は奪ったようだ。ジャック自身が「視力ガ……」とか言ってるし。


競技じゃない!
煙草で機先を制し、初段からドロップキックという大技。
ジャックはこの戦いの意味を瞬時に骨身に染み込ませた……ハズだった。


実は全然分かってないジャックはゆっくり上着を脱ごうとする。この最中こそ最大のデッドタイムで、両腕の自由が封じられちゃうわけです。この辺は板垣恵介著の餓狼伝3巻でもある描写だぜ。
ただし今回はジャックが自分から不自由を選択した。ミスターチェインはジャックの称号なのか。

当然そんなオイシイ機会を逃す本部じゃねえ。
背中に潜ませた木刀をズルリと抜くと、両スネを打って膝立ちにさせる。
それでもなお本部と同じくらいのサイズのジャック。座高はどうなってんだ。そういや座高測るのなくなったらしいっすね。理由は「意味がないことが分かったから」というのに若干引いてます。
夜の公園で目の前にジャックの頭部……打ち込むでしょう。


額から出血しながら、顔面からダウンするジャック。
「アホウ」
「木刀で事切れるタマか」
本部さんは分かってました。ジャックには全然効いてないよ。

そんなジャック、謎の「顔面だけで逆立ち」からビュッと飛び上がり、立ち上がる。
煙草はともかく、木刀は打たれたというより打たせたのかな。
武器を持たせて対等。
素手ジャック=装備本部が成り立ったことをその身で確認したジャックは、筋肉で上着を破り脱いだ。


ジャックさんはまだ理解してないっすね。
仮に素手ジャック=装備本部だとしましょう。
「公園」がここにあることの恐ろしさをまだジャックはしらない。

……つってもこれジャック勝っちゃってもいい気はするんですけどね。
アライJr.戦の時みたいなジャックを見たいぜ。