心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第59話「気絶」 感想

闘いは続行だッ!!
連休中に悶々としていた刃牙のない時期を越え、まだ烈海王はやる気であることが判明だ。

気絶したままでゆっくりと縦拳を繰り出す烈。その手は掴まれ、武蔵に投げられた衝撃で烈は目を覚ました。
うーん、この攻防は「武蔵が目を覚まさせてあげた」感じがする。

スポンサーリンク


ともあれ目覚めた烈海王
無意識のままでも攻撃する以上、その心は未だ折れていない。


左の裏拳のように見える打拳、続く右拳。
どちらも放たれる前に掴まれた。
刃牙がジャブを捕られた時と一緒です。自称光より速いジャブですら捕らえるのだから、烈海王のパンチ程度は余裕だろう。……つーか愚地センセイは菩薩の拳を打てればイケるんじゃないの?


両手を掴まれた烈。苦し紛れといった様子で蹴りを放とうとするが、拳を握られ体制が崩れたところを再度投げられた。肘が軽くいったらしい。
これは本部さんに仕掛けられた攻撃に似ている……とも言えなくもないか。本部さんのは打撃投げ的なものだったけど。
なんだか今週は技のオンパレードという佇まい。刃牙VSジャックの決勝戦を思い出しますなあ。


武蔵が武器を物色し始める。日本刀でいいじゃんよ……。
1本目の剣はまるでダメっぽく、一振りで破壊。
2本目は……
「包丁くらいにはなるか」
ということでギリ合格だ。青龍刀ってやつか。

武器対素手になってしまい、不利な状況の烈。
なんとその構えは……範馬刃牙のファイティングポーズだった。


いよいよシャオリー発動タイムでしょうか。武蔵の得物が中華刀なので、前日のシャオリー鍛錬がそのまま運用しやすいぞ。
本部のアドバイス「古流には古流で立ち向かうしかない」を無視し、現代格闘技の粋・範馬刃牙流格闘術の構えを選択した烈。

烈もまた「刃牙道」の礎になるというのか。