心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

念願の剛刃珠を手に入れたぞ!

ようやく、本当にようやく剛刃珠が出ました。本当に長かったなあ……。
剛刃珠を一個装着するだけで「武器を研いだあと1分間斬れ味が下がらない」わけです。これで双剣祭りじゃい!!

スポンサーリンク


とはいえ今一番楽しくて使ってるのは、ナナ・テスカトリ素材の拡散ガンランス、エンプレスハウル・冥灯。
これ武器自体に業物が付いているので、斬れ味消費が半分になってるんですよね。匠とか付けて斬れ味自体を伸ばすと、突き砲撃しまくっててもなかなか青ゲージにまで下がることがなくて。結局のところ剛刃研磨組み込むほど斬れ味に困らないっていうすげえガンランスなんだよな。


やっぱり双剣ですね。ヴィルマフレアに剛刃研磨組み合わせて切り刻むのがよろしい。

とりあえず一旦組んでみる。
今までは、斬れ味問題をカイザー装備のシリーズスキル「会心発生時に斬れ味を消費しない」に頼っていた……つまり、3箇所の装備がテオ装備になるせいで自由度がすごく低かった。

そう単純な話ではないけど、装備を組み直した感覚としてはその3箇所の装備が剛刃珠一個で済むようなイメージ。耳栓5なんて、剛刃珠ないと発動させられなかったと思いますよね、ハイ。

組んで一回歴戦クシャル倒して思ったのが、超会心いるかな?問題。
双剣は手数で押す武器だから、会心のダメージ倍率が上がるってのがそこまでメリットになるのか微妙かなと。いっそ超会心切って、爆破属性強化を積むのもヴィルマフレアらしい運用かも……とか。
そもそもこんな風に色々考えられるようになったのも剛刃研磨さんのおかげです。


ちなみに歴戦王ヴァルハザク、ガンランスで挑んでなんとか初見で倒せたけれど……。
強いというよりめんどいが勝る感じだったなあ。ウルズシリーズも特別欲しい性能のものもないので、何回か倒したら終わりで良さそうです。