心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

西郷どん 第22回「偉大な兄 地ごろな弟」感想

やっと薩摩に戻るっぽいけど、タイトルから漂う不安感。
今週は大きくなった弟が主役でしょうか。

北斗4兄弟とは逆ですな。
兄が普通に優秀。罪人だけど。

つーか西郷さんが島流しになっている間に情勢変わりまくってんな。
んで西郷さんも名前変わっとる!大島三右衛門だってよ。

スポンサーリンク


なんでしょう。島津久光さん、天狗になってますね。島津・テング・久光の登場ですよ!!
島津斉彬が立てた計画は、島津斉彬の存在があるから成立する計画だった。
島津斉彬にあった人脈が人望、そして知識。残念ながら全て持ってないのが久光であり、西郷さんの言ってることが正解でしょうな。
あとタイトルが指していたのって斉彬&久光のペアだったんかい。

時代は倒幕ブームなんでしょうなあ……。
「内乱してる場合じゃないでしょうが!!」が西郷さんのご意見。
今週の西郷さん、諫言しまくってるけどそれが全部聞いてもらえない悲しい男。


もうちょっとそれぞれの派閥の考え方を分かりやすく説明していただきたいんだけど。
幕末って単純な敵に対しての戦いじゃなくて、同じゴールに対して方法が異なるせいで混乱するんだよねえ。何故敵対するのかがねえ……。


西郷弟がなんか胡散臭くなってきたぞオイ。
京で騒いでい……久坂玄瑞いるじゃん!そして西郷弟が田舎者が上京して浮かれている感じじゃん!
武市半平太の名前も出てきたな。いやはや、ようやく時代が激しく燃え始めた。


西郷弟は「西郷弟」というステータスで人を集めて、薩摩から預かった金で遊んでいる。
ゴミくそヘタレじゃんこいつ。
タイトルの指すものは吉之助・信吾ペアと斉彬・久光ペアで2ペアか。


そう、途中まで考え方は同じなんだよね。「島津久光じゃ変えられない」までは一緒。
長期的スパンで考えているのが西郷。
とりあえず今、目の前の問題である幕府を倒してから考えるのが有馬率いる急進派って感じかね、どうなんだろ。


……結果として今週、何も起きてないな。一応久光が出兵エンジンかかったけど。
その久光が下関でブチ切れてるね。切腹じゃあ!!

やっとというか、次回「寺田屋騒動」。