心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第193話「終局」感想

考え得る限りでは最悪の結末を選択した、板垣先生。

〜今週のあらすじ〜

刃牙が逆手で振り上げた刀を白刃取りにおさえる武蔵。
「捕ってくれると信じていた」刃牙はそう告げた。
背後から奇襲のように口づけをしたのは徳川寒子。
格闘士たち含め観客全てが「誰?」みたいな顔で状況を見守る中、この身体に宮本武蔵の魂を入れた張本人が、その身体から宮本武蔵の魂を吸い出し、天井を見上げ息を吐き、天へと帰した……。

スポンサーリンク


悪い方悪い方に予想を裏切ってきた刃牙道さんですが、宮本武蔵編のクライマックスである主人公と武蔵の闘いの顛末がコレ。
もう読むのやめようかなと本気で思うくらい酷い結末だと思う。


まず「屠る屠る」言ってたけど、屠るというよりはどう読んでも「帰す」としか言えない終わり方。
百歩譲ってあれを「屠る」と呼ぶとしても、屠ったのは刃牙ではなく寒子さんです。


なんなのコレ。なんのために烈海王は命を落とし、本部は守護ったの?我々はこんな結末のために長々と読んできたの?
刃牙道がどうにか保っていた「何か」も完全に崩れ、なにもかも台無しになった。そもそもが格闘マンガとしての終わり方じゃないでしょ。最低限「格闘」によって決着してくれよっていう。


変にキャラクターを大事にし過ぎる部分と、思い付きで描きだしたからゴールまで走りきれないみたいなところと、どうも刃牙というマンガの悪いところ総決算みたいな終わり方だったな。ピクル編の終わり方を思い出したけど、あれはそれでも刃牙とピクルの当人同士で終わったからまだマトモです。
最後まで責任持って描けないならはじめから描かないでおいた方がいいと思いますけど……。刃牙と武蔵の戦いは打ち切りになったのかな?

これで武蔵の魂が「まだ終わってはおらん」みたいな感じで無理やり身体に戻ってきてもらう……みたいな展開、普段なら「うわあ」と言うところだけど今週を読んだ後に限っては「戻ってきてくれ武蔵」と思えるくらいだ。

もうギャグマンガとしても笑えない。
あんまりにも寒い決着だった。寒子さんだけに。