心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第188話「到達」感想

宮本武蔵のレベルだから可能な戦術。意外とこれは盲点だった。

〜今週のあらすじ〜

究極の白兵戦である戦場においてすら「天下無双」だった武蔵が、素手なら弱い……わけがないことを改めて解説する本部と、それを身体で思い知る刃牙
「動く」と思う意識の0.5秒前の奪い合い。武蔵のそれを感じ取り、先に仕掛ける刃牙の攻撃を2度カウンターにとる武蔵。
その「意識」そのものをエサにする武蔵の武の領域。

スポンサーリンク


「さあ攻撃するぞ」という自分の意識を、刃牙が探知出来るだけの力量を持っていることを理解した上で敢えてシグナルを出し、攻めてきた刃牙の動きに対応して後の先。
武蔵強すぎますね。自分の脳の動きすら戦術に組み込むという。


で、これ勝てるわけないと思うんですよね。
封じようとしたらその動きをカウンターで取られて、そうなるから手を出さないでいると武蔵側は普通に攻撃してくるでしょう。
もう刃牙くんが勝つ方法がないと思うんだけどなあ。こんなもん何やっても無効化されるような地点に武蔵が立ってるように思いますが。


ここから刃牙が善戦するとしたら、お馴染みの無理がある主人公補正か。
うーん、ちょっと萎えるんだよな。
刃牙って一つ一つの攻防に意味とか伏線がないんだよな。喧嘩稼業面白ェーーー!!