心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「だし廊」の野菜だけのラーメンが感動的な美味しさ

だしにこだわるラーメン店「だし廊」さんに、全て野菜のみで作られたラーメンがあるということで食べてみました。


「根菜だし味噌ポタ」です。
ポタージュ系は流行っているらしいけど、こうして食べるのは初めて。

スープも具材も野菜だけというのは初めて。
そしてポタージュ系も初めて。
初めて尽くしのラーメンの味は……。

スポンサーリンク


一回はじめに書いときますが、こいつはメチャクチャ美味いです。

一口めのスープは、口に入れた瞬間にパッと広がる根菜の味。そのあとでしっかり味噌の味も。
はじめは薄い感じかな……と思ったけど、食べていけば食べていくほどグングン美味しく感じてくる。
なんかすげえラーメンに出会ってしまったという興奮がある。


ポタージュのどろっとしたスープとよく絡む縮れ麺。ここがしっかり絡んでくれるのもあってか、全然野菜だけであることに物足りなさを感じない。


具材もこれまたよろしい。
チャーシューなしで行けるのか?と思っていた部分はジューシーな食感のマッシュルームがキッチリカバー。
アボカドがいいアクセントになりつつ、ミニトマトとスープとの相性の良さにまた感動。
フライドオニオンのお陰でスープにも少しパンチが出て、野菜のみという淡白さを野菜が補っている素晴らしいチームワークです。


実際食べていた時の気持ちの変化としては

「んー、まあ野菜だけだからこんな感じかな」

「あれ?これ美味いのでは?」

「いや、これ普通に美味いなこれ」

「もう俺、肉いらないんじゃねえのかってくらい美味い。食えば食うほど美味い魔性のラーメンだ」

これです。

このタイプのラーメンを食べられるの、仙台ではかなり貴重だと思うので是非ご賞味あれ。
下手に肉や魚のダシで雑に作ったラーメンよりも断然美味しいと思う。


ちなみにだし廊さん、普通に鶏や魚で取っただしのラーメンもメチャクチャ美味しいです。だってだし廊だから「これ入れときゃ美味いだろ」みたいなラーメンではないですから。
ちゃんと調和があるような、綺麗な一杯。