心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第47回「決戦は高天神」感想

もう47回ですよ。これ納得いく感じでエンディング迎えられるのだろうか。

決戦は金曜日

決戦は金曜日

まあ元ネタはこの辺りですか。

虎松を出世させることで平和な世の中を目指す直虎。
主君・家康を支えることで信康の代わりを努めようとする虎松。
やっぱりみんなの力を借りて、天下泰平を実現する決意をした家康。

徳川家の中で、ついに井伊直虎の想いが結実しようとしている。

部下にちゃんと自分がミスったことを認められる上司、だから徳川家康は良いんですね。
マジでさあ、酒井忠次さあ……。自分の生き恥よりも先に、石川数正の罪を突く感じが。細か〜い所だけど、こういう所がすげえ嫌な奴感を醸し出すわ。

スポンサーリンク


徳川の戦いは、戦無き世のための戦い。
直虎の読みは、まあ甘いっちゃ甘い。徳川家康は人生長いせいで、メチャクチャ長期スパンで考えていそう。

信長のやり方、北斗の拳でいうとモロにラオウなんだよな。
天下統一のあとは他に任せていてもおかしくない気がしてました。実際には統一直前に命を失うわけですが。


うーん万千代、すっかり指揮官クラスになっているか。おっ、木材伐採チームに流れ星がいますよ。肘神様の村から来たか。
違うよ!高瀬が来た場所ってことは……武田のスパイの可能性高ェやんけ!!やっぱりやんけ!!

徳川四天王の軍議では水攻めを計画中。んで万千代くん、調略も出来るようになってる。
急激な成長をしているな、万千代。つーか水攻めは会話内で終了?2万石に到達したので、もう井伊谷と同じ石高です。


つーか直虎と忠勝、そういや初対面か。んで忠勝惚れてるか。その流れに持っていくか今年……。
徳川家康高天神城とは戦わずに、そのままそっくり中の人間ごと高天神城を奪い取る算段です。
しまった。忘れてたよ。井伊直政といえば赤備えじゃん。武田家臣団をそのまま井伊のマッスルアタッカーにするんだよな。
これそのための前フリでもあるか。

まさかまさかの、徳川家康の中にも小野政次が生きていたよ。
「しますよ、俺が。徳川を日ノ本一に」
上手いこと今年のゴールが見えてきたような気がする。

之の字!!
井伊谷から離れるわけにはいかねえ。それが之の字の生き方。


高天神城攻略、思ってた以上に戦略は上手く運んでいたところに……織田から「降伏は受け入れるな。力攻めで落とせ」との指示が。
うーん、今年も相変わらず織田は悪として描かれるなあ。
悲しい戦です。雨降る中の軍議がそれを表現している。

井伊谷のガーディアン・之の字。但馬に誓って離れていなかったわけか。
之の字、白兵戦能力が強いからねえ。万千代のガーディアンにジョブチェンジです。
「やってみないと分からない」は、井伊直虎が希望を持っている時に出る言葉。

今週のクライマックス、之の字だったわ。
今週のタイトル違うな。高天神自体はほぼ全てセリフで片付けられて、之の字のジョブチェンジが本体だろ。高天神すら之の字のための演出に感じる。


うわあ!天正10年です。本能寺の年だよ。
駿河は徳川へ。色々あったけど、駿河をゲット出来た家康でありました。失ったものが多すぎるけどよ。

次回「信長、浜松来たいってよ」。
流石にタイトル遊びすぎだよ。