心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

酷めの二日酔いからのリカバリー備忘録

この歳になってお恥ずかしいことに、未だに年に一回くらい酒の飲み方を間違うことがあるので……そんな時のためにリカバリー方法をメモっておきたいと思う。というか金曜日の夜にやられた。
完全に自分用対策なので、まあここに書くなよ的な意見もありそうだけど……正直ブログって記事の検索窓もあるから、自分のためのメモに使うのも便利なんすよね。

初めて飲んでみたけど、ソルマック美味しくないな。まあ美味しさで飲むものではないからそれでいいんだけど。

スポンサーリンク



水分を大量にストック

これ大事。家に帰る途中に自販機なりコンビニでしっかり装備を整える。
酒を飲む、お手洗いの頻度が上がる。とにかく飲みすぎた後に何が起こるかっつーと脱水症状です。

酷いとずっと吐き気と戦うことになる。そんな時に吐くもの自体がないと、胃液とかで喉やられるので、それを薄めるような意味でも水分は必須。

あと頭痛も脱水による悪化の気配があるので、二日酔いの頭痛も水分摂っておくと軽減されるイメージ。

吐き切るまでは吐くしかねえ

これは自分だけかもしれないけど、一度吐いてしまったらもう全部吐くまでずっと気持ちが悪い。なので全部出すしかないと諦めるしかない。
その苦しみを軽くするのが先に書いたように水分。胃液や胆汁出てきますが、水分摂っておくことでそれらが薄まるので、吐く時も少し楽である。

で、ある瞬間一気に楽になるのが自分の場合。
そこからはスポーツドリンクとかで栄養も補給しつつ回復モードにシフト。大抵夜通し眠れずに気持ち悪い……とかやってるから、ここから日の出と同時にぐっすり。

しっかり食事してしっかり回復

だいたいいつものパターンだと、これで昼前くらいに目を覚ましてほとんど気持ち悪さは完治。うっすら頭痛がある程度。

ただ体力は消費しているため、昼ご飯はしっかり食べておく。

今回の場合はラーメン。
うどんとかがベストだと思ったけど、ちょっとお肉とかも入れておきたいということで……ネギ増しにして食べる。


この辺まで行く頃にはもう普通の体調に近い。
ただアルコールって体内から抜けるまでには、結構な時間がかかるので無理はしない感じで。
またいつか、同じようなことを繰り返してしまいそうな自分のためにメモ。