心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第41回「この玄関の片隅で」感想

ここ数回はサブタイトルが完全に主役が虎松になってきてる。

というか、そろそろもう草履番から出世するんじゃねえだろうかと思ってたんですが……。

戦国時代全体のストーリーとしては、武田信玄の後を継いだ勝頼の野望が動き出す感じの時期。
勝頼も凡庸みたいな評価で見られているイメージあるけど、全然優秀だった……らしいですね。実際戦も結構上手だったはず。長篠があまりに印象強いだけで。

新しい草履番候補、まさかのノブ!!つーかこれ、本多正信でいいんだよね?

スポンサーリンク


歳上のノブを敢えて部下に置くことで、虎松くんの何かを鍛えるつもりなんだろうなあコレ……さすが家康ゥ。
あれなのね、虎松って立場の上下に固執してる感じありますな。


んで松下家、このままだとお家断絶危機。
代わりに中野から出すらしい。之の字はドライというか、現実的。
なんかみんな、再度進路に悩まされている様子。

しかし近藤さん相変わらず性格悪いっつーか。このタイプで憎めないならいいんだけど、個人的にはシンプルに人を少しイラっとさせるタイプだよ……少なくとも僕的には。


完全にノブ、本多正信と見た。
忠勝のブチギレ具合、完全に正信だこれ。本多正信って一度家康を裏切ってますからね。
コーエーさんのゲームだと内政能力すげえ高くて使える男・本多正信ですが、今年の大河だとクズみてえだな。
そして虎松、今のところ悪いことがあると全部誰かのせいにする真のクズになっています。


さあ武田が動いた。
そして徳川独特の上層部の合議が……未来ここに直政が参加するんだねえ。


近藤さんウゼエ……。ただの八つ当たりやんけ。これだから脳筋ゴリラ型は。
ないから憧れるのは、誰でも一緒かもな。


本多正信キング・クリムゾン・エピタフ。
というか習慣みたいなものから流れを見切ったか。
内政能力高いのと連携するエピソードだなコレ。
人たらし系スペック高ェわ……。秀吉の出世と同じシステムだよ……。


草履への細工なんていうみみっちい小細工はバレバレよ。というか家康からするとまあまあ心象下がるよね。
腕の立つ木こり!丸太といえば井伊谷だぜ!!

なんかねえ……直政、いや萬千代、いや虎松、まだまだまだまだまだ……くらいガキというか。
平気で人を利用するな。それがはっきりと自分のためと分かってしまう感じがまだまだお子ちゃまですわ。

あの手この手で出し抜く賢いやつだけど、ちょっとやり方が人からヘイト値貯めるよな虎松。


「ゼニの犬」方久復活。を使った井伊直虎からのお手紙を受け取る家康。
結局はこうやって間接的にお母さんであり、先代当主としての教育をしていくのが直虎か。

最終的に何もかも利用して一番利益を出したのが井伊直虎。虎松、お前利用されてるぞ!!

焦りすぎる虎松。子供だもんなあ……。
なんか徹底的にやり方が卑怯なんだよなあ虎松。また人のせい。自分のやり方に正当性がないことは棚に上げ、直虎に情がないとかそういう方に持っていきやがる。


正直今のところ、小さく井伊萬千代にイラつくなあ毎週。
次回「長篠に立てる柵」。ついに長篠が始まるか。