心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第173話「消えたね」感想

消えたのは本当に刃牙の身体か、それとも刃牙道の面白さか。

〜今週のあらすじ〜

バスタブ一杯の量に達する輸血と、1000針の縫合によって生き残った花山。その花山のオペを行なった鎬紅葉と徳川光成は、刃牙が武蔵に宣戦布告をしたことを話す。刃牙の葬りさるという発言にハッタリではないと光成は言う。
街を歩く刃牙は、自身が幾日もトレーニングをしていないことを思う。それなのに肉体は大きくなっていく。
それはイメージによるもの。例えばこう殴りかかられたら。蹴られたら。あるいは斬り付けられたら……それを想像(おも)う瞬間に、刃牙の身体は自然と動いているのだ。
それを見ていたのはカップル。周囲を囲まれて斬り付けられることをイメージして、それに対して反応する刃牙の身体。その様子は、周囲の人間からは足以外が「消えて」見えた。

スポンサーリンク


とりあえず花山さん生存確認。鎬紅葉先生ありがとうございました。
正直あの人、男塾の王大人並みに人を助けられそうです。


あとはどうも刃牙くんは特訓をしないそうなので、当然本部さんのところに行ったりはしないんだよね。頼むぞ……特訓をするなよ。アドバイス受けるみたいなやつも、刃牙のいう日常ではないと思うんでね。


どうせ謎の主人公補正で刃牙が異常に強くなるだろうし、ピクル戦みたいに長い戦いにもなるでしょう。
根本的なところで、そのタイミングのみ異常に強くなるっていうのが既に冷めるんだけどね……。

さっさと戦い始めて、さっさと終わって欲しい感じがありますよ。もう武蔵にぐちゃぐちゃに振り回されるのは見飽きました。
宮本武蔵はあの世でどんな気持ちで今の刃牙を見ているんだろう。意外と「実際こんな感じだったよ俺!」みたいに見てる可能性はわずかにあるのでしょうか。

とりあえず五輪書読むかな。