心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」感想

一難去ってまた一難。予告の限りでは、政次に続いて龍雲丸が危ないぞ!!

隠し砦の三悪人 [Blu-ray]

隠し砦の三悪人 [Blu-ray]

今回の元ネタはこちらの作品でしょうかね。個人的には隠し港という言葉から連想するのは、ダークソウル2の隠れ港ですがね。

小野政次が世を去った世界で、直虎はどう生きるのか。
しかし完全に高橋一生劇場だったな。申し訳ないけど三浦春馬くんとは一体……?いくら出番の数に差があったとしても、レベルが違いすぎました。

スポンサーリンク


さすがに小野政次が死んだことで、近藤さんとしても幕引きだそうですが……和尚さんには少し含みがありそうだ。

次郎法師は大事ないというか、これ心を閉ざしてしまっていますね。被った頭巾にある一つの赤い点がなんとも。


和尚と之の字で方々へ伝えに行きますが、やっぱり若いと納得はできないよね。甥っ子は走って飛び出した。
「次郎はよく、但馬と碁を打ちながら事を進めておりました」ってこれ、どう考えてもお寺以上のエリアにバレていたと思うんだけどね。

あっ。
直虎の中では小野政次が生きていることになっているようです。これは重症。


徳川は順調。
そういや家康も碁を嗜みますな。終盤で家康と直虎が碁を打ちそう。
徳川に種子島が登場。種子島っつーか方久登場じゃん。マジで銭のためなら節操ないですね。


心を封印した直虎の元へ龍雲丸が来たぜ。
「次郎の頭の中では、まだ徳川は来ておらず……且つ近藤の企みは事前に掴んでいる。但馬もまだ生きている」と、実に都合の良い改変が行われました。

しかし龍雲丸、いいねえ。「哀れだってのはこっちの勝手な見方でさあ」。軽いノリで深いこと言うキャラクター、素敵です。


方久のアレは「内通」なのか。
状態としては徳川は井伊を裏切った状態。素直に考えると徳川を素直に信用しきれないけど、気賀サイドで考えると徳川に着いておくとオイシイみたいな感じですかね。
うーむ。これは気賀が戦場になるのだろうか。

傑山、シブい。なんでしょうかこの役割は。
和尚、共に迷うことでゆっくりと救うってよ。


今川の反撃が始まった。追い詰められてからなんか強いぞ今川。
気賀にも来ちゃったぜ、今川。そしてお城を取られてしまいました。つまり気賀が今川に落とされたと。

これ龍雲丸だけが客観的に状況を考えている感じか。んでこの人下手な大名よりも優秀なステータスな気がするんだけど。信長の野望・大志では龍雲丸出たりしねえかな。


さあついに但馬の辞世が直虎に届けられた。
思い出したか、真実を。
近藤はゴミクソ野郎だけど、鈴木さんはいい奴でした。


いや、吹き矢の性能高すぎねえか。
んで、なんか分からないけど今年の酒井忠次なんか嫌いです。どうもイメージでは徳川サイドの熟練家老ってイメージなんだけど……それが全くないんだよねえ。あと演じている方には悪いけど弱そうでずる賢い小物感を受ける。


今週の直虎ちゃんは何もしてないですね。
己の罪と向き合う話の裏で、気賀が大ピンチだ。
徳川は徳川は気賀奪還計画を練る中、龍雲丸チームが静かに動き出してしまった。
アサシン能力が高すぎる龍雲丸。
「侍は侍同士、てめえらだけで戦えや」
「人の褌で相撲取ってんじゃねえよ」
ヒエェ。やっぱりカッケェぜ。今年の大河、イケメン枠で入れられている政次&龍雲丸が超実力派俳優ってのが嬉しい。


酒井忠次のクソッタレがやっ……やっぱりやったわ。気賀の民ごとか。
先週は近藤のクズが!と思ったけど、今週は酒井忠次のクズが!なのか。僕はこんなにゴミクズに描かれた酒井忠次を初めて見ました。


なんかあれだな、悲劇が繰り返される感じですね。次回、直虎気賀へ向かう。「蘇りし者たち」。
うーんこいつは元ネタはディカプリオか。


ところでこんなものが発売されるんだもんなあ。但馬よ永遠に。