心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「本竃」の坦々麺はスタン値高めの本格派

とりあえずこれで一通りの味はコンプリート!ということで昼食は本竃の坦々麺です。

休日の昼時ということもあって順調に混んでいる。こういう時は1人で行くと有利というか、カウンターに待ち時間なしで座れますな。

正直食べやすい系の、当たり障りのないような坦々麺のベクトルの美味しいやつをイメージしていたけど、良い意味で裏切られた。

スポンサーリンク


一口目の感触は「お、思ってたり辛いぞ」だったんだけど、食べているうちにそれは辛さではなく痺れであることに気がつく。
中華料理でいう「麻」の味がしっかりする味わいで、まさかラーメン屋でこのタイプが食べられるとは思わなかった。


この痺れ漂うスープの背後には、静かに、だけどしっかりと本竃の魚介スープの味も感じられる。
むしろ塩ラーメンでは前面に出され過ぎててクドさを感じたスープが、こうして裏方から土台を支える感じの立ち位置になったことで素直に美味しく感じる。


塩、醤油、坦々麺と食べてきて、個人的に一番美味しかったのが今回の坦々麺。予想外の痺れのしっかりある本格的なタイプってのも嬉しい。
うーん……これもっとお店的にプッシュしていって良いレベルだと思いますけどね。そんな坦々麺でした。