心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第33回「嫌われ政次の一生」感想

もはや個人的な気持ちでいうと最終回。

元ネタは言わずもがなコチラですね。

途中から直虎がどうというより、小野政次にフォーカスして観てきた今年の大河。
今年は大河としての歴史部分を政次が担うことが多かったのと……とか書き始めていたけど、放送直前の予告の小野政次だけでもう泣きそうなんだけど。

スポンサーリンク


「但馬、罠じゃ!!」からスタート。
しかし歴史的には普通に井伊を内側から奪い取ろうとしてました、という感じの人をこういう風に解釈して掘り下げるあたり、序盤は不満も多かった直虎ですがすげえいい脚本のような気がする。……まあ但馬、本当は奸臣ではなかった説もあるようだけど。

これは……これは……。
直虎、ゴリ押し。小野政次は庇いつつ、井伊は約束通り再興しろですか。

徳川が知る情報の限りでは小野政次は悪い奴。そこを悪用したのが井伊谷三人衆……というか、露骨に小野政次に恨みのある感じが。んで家康にその気配バレてるし。近藤テメェ!!
うーん……これは少し展開読めてしまったような。小野政次の人柱にして井伊を護る展開か。
小野政次に漂う本部以蔵の空気。

徳川家康井伊直虎の出会いは牢で。
家康の土下座!!土下座バックステップ!!


政次逃避行。
というか近藤家臣、あの場で自害するほどの忠誠心はあるんだよな。近藤の野郎部下には慕われてんのかね。
そして緊急事態に際し、之の字に指図できる和尚。家老みてえだな。


嫁さんに甘えたり、過去を思い返したり、順調に死亡フラグを積み重ねていく但馬。
碁石を見て、直虎を想う。もうこのイチャイチャすら辛いわ……。


徹底的に近藤さんを悪役にしていくね大河。
但馬但馬ってうるせえな。
来ましたね「但馬と引き換えなら直虎を出してやる」が。
和尚さんが真面目に怒ったの初めてかね。「井伊を守るため」が、ここに関しては「但馬の命を差し出すこと」ですか。

龍雲丸登場!!
エスト「尼小僧を救出せよ!」が受注されました。あと地味にお寺に伝わる武術が気になる。


なんか小野政次、身柄を探されてる割にはだいぶ自由に行動してるな。
「翼が一つでは、鳥は飛べぬ」。
直虎と政次はそのレベルの関係だったのか……。


一手遅かったか……。
政次の覚悟が早すぎたよちくしょう……。
騙されぬぞ、じゃないよ。これが政次が選択した最期の策でありました。
そして近藤さんの小物感が滲みだされていきます。


端的に言うと政次は自らの意志で入ったので、出ません。近藤を黙らせるには、自身の死によって決着するしかない。
忌み嫌われ、井伊の仇となる……それが小野の本懐。「私はこのために産まれてきたのだ」は哀しすぎるぜ……。
自分がヘイト全部背負って、井伊の闇をリセットするみたいな。

龍雲丸よお……一番小野政次のこと分かってるよなあ……。
全部「井伊直虎を守ること」に帰結する行動原理だから、忌み嫌われることを望んでやってるのね。


まあ政次としては「俺の命を策に使って井伊を再興しろ」だろうな。
と思ってたらやっぱりその流れに来たか。
かつて話し合った「お互いを上手く使う」がここに結実する。
地味に今年はこういう伏線的な回収もあって熱いよな。


井伊のために生きて生きて生きて、罪人として死ぬ。
直接引導渡すか直虎……。自分も罪を背負うよってことですかね。そしてこれこそが徳川庇護下で井伊が蘇るための、ベストの策でもある……。いやキツいって。


すげえ回だったわ……。ちょっと僕の語彙力では表現不能です。
んで次は龍雲丸かよ……。