心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第29回「女たちの挽歌」感想

なんといいますか、ドラマ的にはようやく井伊が戦乱の時代に足を踏み出すみたいな感じがある。

男たちの挽歌 [Blu-ray]

男たちの挽歌 [Blu-ray]

死の直前、寿桂尼が遺したデスノートに記された井伊直虎の名前。
一方で徳川を利用し戦を回避しようと動く直虎に対し、家康もまた策を巡らせる。

ところで「挽歌」は人の死を悲しみ、悼む歌だそうで。
寿桂尼への挽歌ってことなのか……?

つーか徳川に送り込んだ使者、傑山さんかい!!

スポンサーリンク


寿桂尼様、オカルティズム漂う遺言を遺して他界。
なんかもう寿桂尼主役とかで大河あっても良さそうなほど、存在感を放つ人でしたね。
敵とか味方とか、そういうことの先にいた存在。だからその死を知った者は、敵でも味方でも手を合わせる。

今川の情勢は、もはや武田の侵略は不可避という気配濃厚。
直虎、政次の元にヤツが来たぞ。うーん、このスパイ的山伏……どうもずっと胡散臭いんだよなあ。
ただその持ってきた情報によると、もう酒井忠次が勝手に武田と連携を進めてしまっていた。これは徳川家康がどうこう以前じゃねえ。忠次〜!!

井伊直虎の気持ちとしては、徳川に付きたい。
そうなると人質に虎松ママが欲しいそうで。サイコパス母ちゃんなら別に……と思ったけど、ここのところちゃんとして来てるからなあ。


なんかさあ……。
何度でも申し上げますが、寺田心はなにやっても寺田心なんだよなあ……。
それが個性になる役者さんもいるけど、この子の場合はそうは思えないんだよねえ個人的に。


しのさん、スゲえ大人になったな。
これ昔なら泣き喚きながらギャアギャア言ってましたよ。それが「詫びを入れたところでなにも変わりませぬ」といってあっさり話を受け入れることが出来るまでに成長するなんて……しのさん成長物語。
あと関係ないけど、さっさと虎松には菅田将暉に進化して頂きたい。
……かと思ったらしのさん、虎松を活用してくるめんどくせえアタック仕掛けてきたァ!!頭が良くなったサイコパスじゃねえかコレ!!
和尚の「おほっ!因果因果」はちょっと日常生活で使いたい。


悩む寺田心。虎松というより、寺田心。
突然閃いたぞ。

そうです。
戦はそのままビジネスチャンスでもあるのです。
商人である方久的にはビッグチャンス。

虎松渾身の「殿、どうでしょう!?」
殿、なんか顔キレてる。厳しさ担当だもんね、虎松にとっては。

虎松を活用したサイコパスかと思いきや、ただの親心として虎松の成長を促すためにわざと……しのさんマジかよ。もはや別人じゃねーかよ。仏様みたいな人格者になっちゃってるよ。
……こうなるとこの人材、勿体無いねえ。虎松を人質に出したら?

なるほどねえ。亡き井伊直親の想いを結実させることな……なんだこのガキ。虎松が自分で「母ちゃんは虎松が一番大事なはずじゃ!!」って。
まあ年齢幼いのは分かるけど、ちょっとこの台詞までいくとやりすぎな気がする。溺愛してきたことの演出ですかね。


井伊の望みは「喜びに満ちた日々」。井伊の目指すところは「民百姓、一人たりとも殺さぬこと」。
戦国を生きるにあたり究極のヒューマニズムだぜえ。


今川配下として戦支度をする「風」を装いつつ、徳川につながる裏工作を進める井伊。
虎松、笛を吹けるようになりました。その音が聴こえるしの様であった。


駿府では事件が!!
武田から圧力がかかるゥ!!武田の調略が半端じゃない!!
一枚も二枚も上手の武田。信玄、出家してんのにこれ凄まじいね。戦いたくて仕方ねえっていう。

あと結局今週はデスノート発動しなかったな。
寿桂尼が最後に仕掛けた罠」か。


次回「潰されざる者」。
井伊を潰しにかかるのが寿桂尼最後の罠!