心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

感情の暴走、外側から見てると痛々しい

先日定食屋で食事をして、お店を出た時のこと。

お店の外でどうも店長さんらしき人がおっちゃんにキレられてました。
まあ聞くでもなく、聞こえてきた内容の限りでは注文したものが忘れられてて20分くらい待たされて、キャンセルして店を出たところで怒ってるみたいな感じ。

確かに、聞こえている限りではお店側の不手際なのは分かる。
だからキレる気持ちも分かるけど、これを客観的に外側から様子を見ていると本当に痛々しいですねコレ。

怒らない練習

怒らない練習

スポンサーリンク


シンプルに考えると、そこでキレてぐだぐだやってる暇あったらさっさと他の店入ってごはん食べる方がよっぽど良いのですが、感情に支配されるとこうなるっていういい例だな。
ちょっと意識高い系の話をすると、こんなに時間というリソースを無駄遣いしてる状況ないよっていう。そこでお店の人捕まえてキレるとご飯出てくんの?

で、こういう人を見ているとイラつくとかよりは可哀想な人だなあと思う。
なんか会社で窓際に追いやられてんのかなとか、家で家族から疎外されてんのかな、とか。
これは経験則上事実だと思うんで自信を持って言うけど、人生がある程度満たされている人は怒りません。怒るには怒るけど、こんな場面で表に出さない。

なんかねえ……。
40とか50とかまで歳を重ねて、こんなのねえ……。もし自分だったら、あとでふとした時に「何やってんだろ自分」とか思うやつだなあ。
あと単純に、あの場面を職場の同僚とかに見られてたらサイコーにカッコ悪いし恥ずかしい気がする。

まあお腹空いてるとイライラしやすいのかな?
だからこそ怒る前に次のお店で美味しいもの食べようぜ。