心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第161話「拳豪VS剣豪」感想

お馴染みの先週から何も進まない回来た!!正確にはちょっとだけ進んでるけど。

〜今週のあらすじ〜
花山の背後にある真っ白な輝きに目を閉じてしまった武蔵の顔面を、花山の拳が捉える。「喰らっておいてよかった」と思う武蔵に迫る花山。

スポンサーリンク


えーとですね、ほぼ先週の話と同じ。追加で吹っ飛んだ武蔵に花山が近付いて引っ張り、立たせて終わり。
正味でいうと半分くらい先週の描き直しみたいな回でした。

武蔵が花山さんの諸々に感動していることだけが分かった今週の刃牙で……しかし本当に書くことねえなこれ。

ちゃんと読んでいる人からすると何かしら書けるのかもしれませんが、ここのところずっと刃牙道を荒んだ角度で読んでる側からだと何も進んでないからどうすりゃいいのか分からねえ。
こういう繋ぎ方するなら、喧嘩稼業のサイドエピソードみたいなやつ挟んでもらえるとありがたいんだけどねえ……ヨシフが自分の足切り落としてライガーに勝つ話、1話だけでお見事って感じの面白さだったし……。