心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

毎回味が違うから楽しいのが「ふじやま」

本日の夕食は久しぶりの「ふじやま」。
ここ数回は専ら「白ふじ」の方を食べている。あっさり系……と言いつつ、スープの美味しさを楽しむにはこっちですぜ。


今回は……いや、今回も味玉付きで。味玉をしっかり作り込んでいるお店は信頼出来ますぜ。

ということでいつものようにスープを一口。
……おや?明らかに前回と味が違うぞ!?

スポンサーリンク


こちらのお店、ちゃんと意識して味わうと毎回味が違う。というのも日々仕入れて使っている煮干しが異なるため。
今回食べたのは普段よりも明確に力強い味わい。
何故だ……と思いつつ壁に貼られた「本日の煮干し」を見ると、アジの煮干しが使われているというではありませんか。

道理で骨太な味わい。
普段はすごく綺麗で丁寧な感じのスープだけど、今回はアジ煮干しが効いているのか、なんというかヤンチャというか。
いつもの上品さに一つパワーが乗っかった感じ。こういう変化が楽しい。


こういう繊細なスープの違いを楽しめるのはあっさり系の白ふじならではだろうし、意図的に使う煮干しを変えることでスープの味の微妙な変化を楽しめるのは「ふじやま」さんならではかと思います。
スープの味が安定しないことが逆に楽しみであるという数少ないお店かと思います。