心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

甘めのスープに肉の旨みが溶け込む……「肉盛麺工房ニク助」

花京院の方にあります「肉盛麺工房ニク助」へ。
店内の壁に貼られた説明には「お蕎麦やさん出身の店主が……」と書かれております。


見た目も味も、なんか二郎系の系統なんですかね。
こちらでは肉の量が選べるようになってて、130g、200g、300g、そしてまさかの1kgという選択肢。300gは1000円超えてきて、1kgだと2000円近いお値段になりますぜ。

ちなみに今回のは200g、880円也。

スポンサーリンク


スープは甘めの味わい。お蕎麦屋さんの流れを汲んでいるのか、和風……なのかな?ネットのレビュー見ていると「二郎に近い」みたいなものも散見されるので、二郎もこういう感じなのかな。ちなみに二郎は仙台にもありますが、まだ僕の胃袋では失礼に当たりそうなので行ってません。ので二郎との比較は僕には出来ません。

やはり主軸は肉。その肉は豚バラスライスがそのままの長さで、これまた甘めの味付けになってます。
甘じょっぱいこの味は個人的には好きなんですが、これお肉半分の長さにカットしてくれもいいんじゃねえかなあと。ちょっと大きすぎて食べにくい。麺と一緒に食べにくいです。


食べてると結構甘さのアタックが強く感じてくるので、卓上に置いてある刻みニンニクとおろしショウガを使っていく。ニンニクの方は入れ物に「にんにくブースト」って書いてあって、何処か課金でもしている気持ちになります。

にんにくを入れるのはお店としてもゴリゴリ押しているっぽいけど、個人的にはおろしショウガの方が役割としては重要。スプーン1杯くらい入れると味が締まり、輪郭がガッチリする。個人的にはこれで相当美味しくなる。
にんにくはスプーン半分くらいに抑え、ショウガをしっかり効かせるのがマイフェイバリットカスタムですかね。まだ1回しか行ってないけどね。

テーブルの上にニンニク・ショウガ・一味唐辛子・お酢があるので、自分の感覚で調整出来るのはいいかもしれない。
お肉の味もシンクロして後半結構甘く感じてくるので、そこでダレないようにしていくといいかも。ブラックペッパー強めに振るのも面白い気がする。