読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第14回「徳政令の行方」感想

ある種は前回と今回とでセットですかね。徳政令のお話は今回でフィニッシュか。


天気が悪いけど、花は咲き始めていた今日。なかなか良い感じ……晴れた休日が楽しみです。


ところでこんなネットニュース観たんですが、まあ大筋同意ですかね。
なんかNHKさんは中途半端になりがちな印象があります。新規を増やそうとして、その枠の本来の要素がブレる。今年の大河は朝ドラめいて、前回の朝ドラは昼ドラめいて……。
花燃ゆのことは忘れない。このままだと二の舞になり兼ねない……頼むぞ今年の大河!

スポンサーリンク


民の声を利用した小野政次の乗っ取り。それがこの農民たちの飛び越え直訴の正体。
なんというか、小野政次は周囲の根回しがうまいと言いますか、早いと言いますか。先手を取って工作を続ける男。
こういう時にしのさんみたいな理性で動けない人はいいように使われるイメージです。


困った時の和尚頼み。
「小野に!小野に!」とうるせえ直虎さん。
「総意でござる!!」とシャウトする阿呆どもである。いやいや、小野政次は具体的にどうするか言ってんのこれ?
と思ってたらその小野政次が来たぜ。

いやいや、返すわけねえじゃん。何やすやすと信じてんのこの若いやつ。若いねえ〜。
方久ファインプレー!!お寺の領地にしてしまったからもう何も出来ないぜ!
「今川の沙汰をはねつけるというのか」
「はねつけるんじゃなくて、今川仮名目録のルールに沿うと受けようがないよ」っていう。うむ。ナイス。
あとあの若い奴をさっさとクビにすればいいと思う。「土地を返してくれないということ聞かない」って言うなら、「土地は返さないから何処へでも行けや!」としか言いようがねえ。


この神主もなんかねえ。THE・悪徳神主。
というかそれで案じた一計が方久の館へのダイレクトアタックかよ。

若い方はマジで頭の悪いゴミカスですが、おっちゃんの方はそれなりに頭が働くので直虎の言葉に揺れます。「確かに!」って感じですかね。

方久が誘拐されました。普通の人質事件。糸を引いているのは小野政次というか、神社の神主だろこれ。
瀬戸村はもぬけの殻。


「次郎ならおらぬぞ!」
おおっ、マッスルモンク市原隼人がこんなにセリフを話す時が来た!
「これで眼が醒めるのではないか」とか言ってますが、曇ってるのはテメエだよ。あの若いやつ、今は完全に井伊家のお荷物です。


亀!!
井伊直親のソウルが「アカン!それだけはアカンて!」と言っています。
なんかキン肉マンソルジャーの超人予言書の灰みたいだな。結局井伊直虎という人物、自分だけではゴールに行き着かないよな。

傑山さん、今週大活躍だぞ。
やっぱり神主の上には小野政次がいたわ。
井伊直虎です。田植えをしに来ました。
傑山さんが田植えモンクにクラスアップした。

確かにな。
政令で一旦借金はなくなるけど、結局また借金することになるもんな。
正直このタイミングで急に人情系トークが始まったけど、ここまでの直虎と農民たちの繋がりが薄くて「突然なんだなんだ?」って感じ。
「もっと早く言ってくれれば……」って、お互い言わないし聞かないみたいな状態だったしね。
いやいや。いやいやいや。
ここまでこの一回の話で感動して打ち解けるかね。急すぎるなあやっぱり……。

よく考えたら「なぜ方久の領地にしたのか」を全部ちゃんと初めから説明していれば、そもそも今回の事件が起きなかったと思うと(妙な意味で)感慨深い。

「捕らえたのは村の心でございましたか」って。クラリスかよ。

出た!しの!!面倒くせぇ〜……。
今のところ今年の2大ストレスはあの頭の悪い若いやつとしのさんだな。
井伊直虎=竜宮小僧で、亀を放ったのが竜宮小僧で……ん?竜宮小僧とは一体?


もう寿桂尼がブチ切れたので、直接こっち来いよだそうです。
「おんな城主対おんな大名」か……。
タイトルだけ見たら直虎勝ち目が虚無なんですが。