心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

おんな城主直虎 第10回「走れ竜宮小僧」感想

正当防衛とは言え殺ってしまった小野政次
運命が彼を追い込み続けますね。
一方で奥山さんの遺体を見つけたのは井伊直親&奥さんです。

あなたの父は小野政次を斬り殺そうとしたんですよ、直親嫁。
つーかやっぱりさ、小野政次じゃなくて娘さんが直接お父さんを説得しないといけなかったんだよこれ。

なんか、もう自分が死ぬことを政次は覚悟しているが……ついに竜宮小僧が小野政次のために走る!みたいな回です。

スポンサーリンク


先に書いちゃうと、ざっくりググった様子だとここではまだ死なないっぽいですけど……。
そうなると、竜宮小僧モードが発動した次郎法師がどうやって助けるかがメインテーマになりますかね。

小野但馬守、逃亡中。
そしてその小野政次、すげー嫌われてるな。かわいそうに。
これさあ、なんとなくですが、なつさんにはどうしてこうなっているか察していると思われる。
あと横で「言わされるんだろ」とか差し込み続けるオッさんがうるさいですね。話の腰を折るなよ。
いかんせん井伊家の上層部、脳みそ小さすぎるというか感情でしか動けない奴が多すぎないか。

おっ。
井伊直親、冷静に現場検証していたか。
小野政次は短刀を抜いていない。刀傷は奥山さんが刀で斬りかかったことを証明している。
状況証拠は正当防衛で通ったっぽいぞ。

なんだかここに来て、急に井伊直親が当主らしくなってきた。
小野政次、完全無罪といってもこれから恐ろしくやりにくいよな。
あと当主らしいとかいったけど「検地の借りは返した」とかわざわざ言わなくても良くねえか?とは思う。変に友情をこじれさせる所ありますよね。

「日日是好日」ですよ、次郎。
やっぱり仏教の言葉は良いですねえ。そしてまさかの和尚モノマネ。


次郎法師さん平常運転……かと思えば、遊びに行くっていう。その実メンタル的な部分で小野政次を助けに行ったました。
オカルト的に脅すなよ!
だけど効果はばつぐんだ!「私に裏切る気はねえですよ!」が伝わってみたいね。

井伊直政誕生!!
丈夫らしい。そりゃあ井伊直政だもんな。
……ここまでの所、全然竜宮小僧走ってねえな。
幼名は虎松。

小野政次、よくぞ乗り込んできた。
所領の返還か。まあこのくらいまでやらないと納得してもらえないくらいのことはやってしまっているもんな。
……三浦春馬のニッコリ笑顔は目が笑ってないように見えるんだよな。怖いんだよね、なんか。


そう、虎松は井伊を蘇らせる男です。
蘇らせるどころじゃねえよな。江戸終わりまで続くからねえ。井伊直弼になっちゃうけどねえ。
ちょっと待て。やっぱり竜宮小僧がそんなに走ってないぞ。ささやき戦術使った程度だぞ。効果はすごかったけど。
あと今週は市原隼人は影から見てないの?


一方で松平元康、織田信長と手を組みハッキリと独立宣言であります。おおっ、元康強い!
和尚が暗躍する。この人、さりげなく今川での太原雪斎的な部分ありますね。戦わないけど。


オイィ!!
次郎法師、勝手に駿府に来ちゃってたよ!しかも……。
しかも市原隼人が一緒だぜ!!勝った!!謎の安心感が漂う!!

というか、今週の竜宮が走るはこのあたりのことかよ。駿府へ、そして岡崎へ走ると。
いやいや、しかし松平元康が強すぎない?強いっつーか、今川軍弱すぎない?


さあ次郎法師と瀬名様が合流しました。
傑山、今だ!!二人を逃がすために動き出せ。マッスルモンクの真骨頂を見せる時だぞ。

朝がきた。
ゴネるゴネる!次郎がゴネるぞ。
今週は突然終了。
次回「さらば愛しき人よ」。