心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第148話「常日頃」感想

ずいぶん久しぶりに主人公が帰ってきた!
範馬刃牙の登場だーッ!!

ところで今週の作者一言コメント、14歳の時に万引きしたことを自白している板垣先生ですが、これ大丈夫なの?

〜今週のあらすじ〜
刃牙、克己の前で針金切りを見せる独歩。警察2名が斬殺された今、守護れるのは俺たちの誰か……。独歩が着々と鍛錬を積み準備をする中、二人と別れた刃牙は思う。爪だっていつ切ったか覚えていない。靴紐も緩いまま。改まって準備しているようでは遅い……日常がそのまま準備である。表情も変わらない……そう思った刃牙の口角はつり上がっている。

スポンサーリンク


そろそろ武蔵を止めようぜ、ということで集まったのは愚地親子と範馬刃牙
警察も2人やられてしまったため、そろそろ本気になるらしいです。命を奪っても構わないモード、それが警察の本気モード……だそうだが、烈海王を遠慮なく斬っている情報も入っているだろうし、なぜここまでノンビリ出来るのかが理解不能です。動きがゆっくりすぎる。


刃牙くんの考え方は、古くは最大トーナメントでの渋川先生まで遡りますな。試合だからといって改まってウォームアップするようでは武術家ではない。
「常在戦場」というやつですが、これって普段を靴紐緩めで過ごすことではないと思うんですけどね。
逆で常にウォームアップが済んでいる状態をキープするような感じ。
ゴルゴ13の生き方なんかがしっくり来る。この人数少ない休暇を過ごす別荘も核シェルター完備レベルの常在戦場だから。
僕としては「刃牙よ、常にしっかり靴紐締めて生活しておけよ」と思います。


あと絶妙なセンスでちょっと笑ったのが刃牙のファッション。いつものジーンズ&Tシャツですが、まだ肌寒いのかマフラーを巻いています。
いや、寒いならマフラーより先に上着を着なさいよっていうね。これどういうこと?僕がファッションに疎いだけで、このスタイル流行ってんすか?

結局防寒着がマフラー頼みなんだけど、そうじゃなくて一枚ジャケットとか羽織ればいいじゃないの。
ポケットに手を入れながら不敵にニヤける刃牙、その格好はTシャツとジーンズにマフラーのみ。
これでは刃牙の表情で通行人が立ち止まってるのか服装で立ち止まってるのかが分かりません。