読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「ローグ・ワン」を観てきたぜ

あんまり観てないなあ……と思ってた今年も、振り返ると思ってたよりは映画を観ていました。

そんな1年の締めくくり的にスターウォーズのスピンオフ作品である「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」が公開されたので、早速。

スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。「エピソード4 新たなる希望」でレイア姫R2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図は、いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを明らかにする物語となり、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソが、反乱軍の仲間とともに、帝国軍からデス・スターの設計図を奪う決死のミッションに挑む姿が描かれる。主人公ジン・アーソ役は「博士と彼女のセオリー」でアカデミー主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。監督は2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ

ということで、なんというかデス・スター破壊作戦の始まりでもある部分を背負った名もなき英雄たちのお話みたいなもの。
ネットとか見てるととにかく「素晴らしい!」という評価が目立つんだけど、実際自分で観てみたら普通に面白い作品ではあったんだけど……。

スポンサーリンク


テンポよく進むし、戦闘シーンも迫力あり。
笑いもあり、悲しいシーンもありとまあとにかく良くできてたとは思うんだけど、「スター・ウォーズ」らしくないというか、何処かで観たことあるようなお話みたいな。

とにかく人がよく死んでいく。
スター・ウォーズのメインストリームだけ追っていくと勘違いするけど、これ「ウォーズ」ですから戦争の話ですからね。仲間側でも本来このくらい死んでるってのを明らかにしたのは良かったかも。
ハードな戦争映画としてのスター・ウォーズ。それが違和感の正体なのかもしれない。


というか今気が付いたんだけど、この作品を独立して観るから物足りないんだよな。
これはエピソード4のプロローグなんだよなあと。エピソード4に向かうためにもこれだけ多くの人が命を賭して希望を繋いだんだよな。そういう視点で考え直した瞬間、急激に感動みたいなものが湧き上がる。


あとフォースを信じる妙に強い僧侶・チアムート役のドニー・イェンね。個人的にドニー・イェン大好きなので、スター・ウォーズの中でドニー・イェンのアクションが観れたのは嬉しかったですねえ。


という感じでエピソード4ありきの作品だったとも言えるけど、いろんなファンサービスも散りばめられていてシリーズのファンの人こそ燃えるような映画だったのではないかと思う。
そういった意味ではこちら側の知識とか熱意不足は否めなったかなあ……。