読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

真田丸 第42回「味方」感想

真田幸村にとって最大のソウルメイト達との出会い。

大坂城五人衆なんて呼び名で呼ばれる、大坂の陣における豊臣側のエース達。
やっぱりそれなりに軍功も積んできている後藤又兵衛あたりから見ると、「幸村お前何もしてないじゃん」みたいになるんですかね。

そんな年齢的にはおっさん達の最後の青春であります。

スポンサーリンク


まだまだ茶々様、自体のヘヴィさが分かってない。
そして織田有楽斎登場。
そうなんです。現実問題真田昌幸はスーパー強かったわけだが、真田幸村は強さを裏付ける過去がない。

幸村に当てられた部屋は、かつて石田三成が使っていた書斎というか、なんというか。
ここで三成、吉継と一緒に生きていたんですなあ……皆の想いを背負って戦うわけか。

そういえばこの息子、幸村と一緒に戦うはずだよね。

五人衆の又兵衛&毛利勝永ペア登場!!
又兵衛噛み付いてくるねえ。若さ。
あれ?毛利勝永と又兵衛がまた仲悪いっていう。

そして3人目、長宗我部盛親も現れた。幸村の相部屋パートナー。
そして又兵衛のパートナーは最後の5人衆明石全登ですわ。
ザクザク出てきたよね。

家康は本気で真田昌幸を恐れていたという話がありますね。
「ああ、息子のほうか……」って安心したという言い伝え的なね。今回は主役だし、幸村でもちょっと怖いみたいな感じにしている。
個人ではなく「真田」の血統を怖れている風味。ディオとジョースターの関係を彷彿とさせますな。


千姫、不遇だよねえ……。
この時はまだ徳川家康、豊臣を滅ぼすまでは考えていなかったんですな。というか奥さんが一番残虐ファイターすぎるわ。

そういやこの時って秀忠何してたんだろ……と思ったら、一応総大将として大坂にも行ってたんだな。
徳川秀忠の無駄な反抗精神とゴミくそな人間性が小物感を演出しているなあ。
こいつは「人の意見がないと何もできない」という能力のおかげで2代目に抜擢されたのに。
本多正信は腹の中で「まだこんな感じかこのガキ」って思ってそう。

真田信之に対しては優しい秀忠くん。
「危ない時は後ろの方で声だけ出しなさい」
姉上のアドバイス、結構的確だわ。戦ってる風味が出る。


兄貴は弟のカリスマ性の高さをよーく知っている。
幸村となった男は本気だぜ。
そしてそんな真田幸村、参謀として娘を育ててくれたオッサンを調達する。
簡易祝言見届けたり、テンポ速いな。
真田信之、立場が辛すぎる。

徳川に忠義を誓った男の覚悟の強さ。それはゴリゴリマッスルの作兵衛の力をも上回るものだったが……まさかのここで右手が痺れてコメディになるとは。


いや、千姫の頭の中そう簡単じゃねえだろ。
真田幸村が総大将ですか。個人的には毛利勝永推しなんだけどね。
長宗我部盛親のいい人感すげえな。寺子屋で子供達に読み書き教えてたっていう。超いい人じゃん。


幸村総大将問題、盛親は完全OK。
問題は又兵衛、勝永、全登か。
塙団右衛門がなんかよく分からないウルセェ感じあるな。

あと顔的には大野治房が一番強そうっていうね。
後藤又兵衛がなんでいちいち立ち上がるんだっていう。キンコン西野かよ。
上田城の伝説、四国統一の実績のバトル……。

真田幸村の案は幸村、勝永、盛親、全登、そして又兵衛が5人大将で、その上に豊臣秀頼がトップに立つ。
なんで幸村ニヤニヤしてんだっていう。
まとまってないということこそが、それぞれのモチベーションの高さを表している。
うまく操れれば勝てるという事の証左であります。


次回「軍議」。
いよいよ真田丸の構築の時が近づいて来た。