読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

刃牙道 第130話「斬った……」感想

本部以蔵、浅めに胴を斬り裂かれる。

はっきりと血は滲んでますね。
全員の動きが止まる。本部も止まってる。

全員に飛来する想いは
斬った……!!

スポンサーリンク


メリケンサックつけてぶん殴っていた本部だったが、武蔵としてはむしろそれで助かったらしい。
派手に顔面を斬り裂かれたが、それはむしろ気付けになっていた。
「素手ならば、今も昏倒していたかもな」

そしてあっさりと武蔵は装備品も見切っていた。
「鎖帷子か」

鎖を編んで作り上げた、昔から伝わる防具。
なんというか、元祖防刃ベスト的な。
そういうものであることは見ている人たちにもわかる。
だからこそ
「斬られてない……!?」
「斬られてないハズ」
そんな悠長なことを考える観衆だが、現実は本部さんのお腹が血に染まっている。

峰打ちでの絶命は造作もない。
木刀で命を絶ったことも何度もある。

武蔵は自分で言う。
「武蔵の打ち込み比類なし」
「鎖の布1枚で防ぐつもりか」

実際防げてませんしね。
足に、腕に具足を身につけていることもバレている。

「悪いかよ……」
そう吐いた本部の左腕を襲ったのは一体……というところで次回。

うーん、これ腕完全に終了したんすかね。
とはいえ今の本部さん、死んでもいいぐらいの覚悟で戦ってるわけだから腕の1本くらいじゃ終わらない。克己だって腕一本持ってかれたけど、むしろそれによって大きく成長しているし。