読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

「中華めしや」という甘美な響き……「竹竹」で担々麺&マーボー飯

食-ラーメン

「中華料理」でも「中華食堂」とかでもなく、「中華めしや」。
この言葉の持つ圧倒的パワーに引き込まれるようにするりと入り込んだお店が「中華めしや竹竹」だ。


Aセットは担々麺とミニマーボー飯。

後から分かったけど、こちらのお店仙台が流行らせようとしているマーボー焼きそばに力を入れているらしいのでそれ食べればよかったかも……と思いつつ。

スポンサーリンク



まずは担々麺。
辛さよりもゴマのクリーミーさが前面に出ている一杯。
刻み海苔が乗ってるのは新しいですね。
ただ辛みどころか正直塩っけも弱かったので、これ単品で食べるとなると少し味の濃さが物足りない感じが残った。
とにかくゴマペースト全開。


対照的にマーボー飯のマーボーは甘さと辛さが同居した濃いめの味。甘辛な感じ、何処かエビチリなんかを思い起こさせる。


麺をズルズル、そしてマーボー飯をかっ込む。
気取らない「中国めし」がここにあった。


というか思い返すとあのマーボー、それこそ焼きそばに合わせた時に真価を発揮する味だったのではなかろうか。
次に行った時はマーボー焼きそばだな、これは。