読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

真田丸 第37回「信之」感想

映画・ドラマ 映画・ドラマ-ドラマ

いやあ、なんかスゲえタイトルですわ。完全にお兄ちゃん主人公か……と思わせつつ、実は兄ちゃんの改名に伴うことで覚悟を決める信繁こそ主人公か?みたいな。

佐助からの連絡のみで終わった今年の関ヶ原。本能寺の時もそうだったけど、三谷演出は「真田が見てないものは本当に見えない」という視点で書いてるからこれが昌幸や信繁にとってのリアルでもある。

スポンサーリンク


直接対決としては徳川軍に勝ったけど、三成が負けてしまったらもうどうしようもない。
ヤケクソ的に暴れまわるパパ幸であった。
こう、なんというか、これが老害ってやつか、みたいな。
「なんで戦で勝ったのにこの仕打ちなんや!!」が真田昌幸の気持ちでしょうな。


そして徳川秀忠の広く見えてない感じは家康としても面倒くせえかもな。
なぜ「西へ急げ」と言ったのかを理解してない、というか理解しようとしてない。

上田城完全終了。
そして昌幸と信繁くんはとりあえず城内蟄居。ここから真田親子、雌伏の時。
長い長い、牙を研ぐ時代が始まるぜ。


真田信幸、言ってみればこれからが本番だぞ。
こうなった時に父と弟を助けるために分かれたのだから……。
本多忠勝、こういうところで仲間になる感じいいですね。
実際「忠勝がそう言うなら……」っていうのは多分にあったと思いますねえコレ。


しょぼくれながら、過去を振り返る真田昌幸
「長生きをしすぎたのかもしれんのう」
染みるねえ……。


「あいやしばらく!!」
本多忠勝、助けてくれないなら家康とも一戦交えるってか。
親子の絆でもある「幸」の字。
それを捨て「信之」として生きることになった真田信之
うわあ切ねえ。しかし大泉くんここ数週間演技が神がかってる気がする。


親子再開。
高野山に流罪、ですか。
つーか真田昌幸、もうダメジイちゃんになってきてるな。野心が強すぎるわ。野心が強すぎて引き際が分からなくて負けていっ……あれ?出浦さん久しぶりじゃん!!やはり生きていたか。
別れの前に最後の策を。大坂攻略を託して、出浦さんも真田信之側へ。

ざっくりと身内の整理が済み、真田親子は西へ。真田信之はそのまま上田を治め、9万5千石です。結果的に勝利者は長男っていう。


なんだろう、この徳川家康のウザさ。
ゴミくそじゃないっすか。恨みつらみが歪みまくって表出化してる。
15年後に息子のほうが命狙って襲ってくるぞ。真田昌幸の無念も背負って、真田信繁がブチ切れる感じかな。
この信繁くんの無表情が怖い。


正直ちょっと信繁が羨ましいんだよな。
なんか若いうちにさっさと隠居して静かに暮らしたい。

小早川秀秋、ストレスしかなかっただろうな。2年後の死をナレーションで済まされてしまう哀しみよ。
そして淀殿エスパー設定かよ。15年後に会うけど。


嫁から聞かされる大谷吉継のカリスマ性ね。
しかし今年の大谷吉継、カッコよかったな……。
「治部、楽しかったぞ……」
生きたねえ。生ききったよねえ。カッケェなあ……。

きりちゃんはここで退場?


清正参上。
というか石田三成嫁が参上。
大谷吉継もそうだが、
一応誰かの伝聞というクッションを挟むことで整合性を取りながら信繁も知っていた流れにしてますな。
清正としてはこの話を聞くたびに罪悪感増幅しそうだけど。

もう母上も心が壊れてしまってるな。


九度山村。
きりちゃん来てるじゃん!
ざっくりと戦後処理をバキバキ進めて、来週は「昌幸」。
え?もうパパ死ぬの?