読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の雑草

「げ」と申します。「旅=人生」というライフスタイルをめざして、心の雑草を抜いては肥料に変えていくブログ。

ホイコーローとラーメンがドッキングする「ラーメンハウスれんぼー」は麺のワンダーランド

食-ラーメン

ちょっとこちらを見て欲しいんですよ。

いいでしょう、コレ。このフォルム。
「ホイメン」と言います。ホイコーローとラーメンのマリアージュ
男子が好きな中華が一つになりやがった!!

スポンサーリンク



四川省出身の中華料理人、陳建民が回鍋肉を日本へ広めた際に蒜苗がキャベツに取って代わられ、それが日本の一般的なものとなった。本場のものに比べ、甜麺醤を多めに使った甘辛い味なのも特徴である。また、手間を省くために最初から薄切り豚肉を使うレシピも考案された。市販の合わせ調味料を使って家庭料理として作る際には、そちらが著名なものとなっている。

Wikipediaさんから。ただあくまでこれは「日本式」ホイコーロー
中国版は豆板醤が効いた辛めの味付けで、しかもキャベツじゃなくてニンニクの芽とかを使うらしい。あれ、旨そうだぞ?


ということを踏まえて今回の「ホイメン」を食べてみると、具材はキャベツの日本式、だけど甘さはかなり控えめのどちらかというと中国式の味付けに近いのかな?と思える複合型ホイコーロー

ラーメン部分は味噌味で、そこにピリ辛ホイコーローが乗っかることで食べているうちに辛味噌ラーメンテイストに一体化してくる。
お肉は食べ応えのある暑さの豚バラがゴロリ、そしてピーマンも食感を楽しめる大きめカット。


広東麺もそうなんだけど、こういう「上に何かが乗った系」ラーメンは食べているうちに具材とスープとが馴染んでいくのがまた楽しい。
そういう意味では蓮坊にあるこちらの「ラーメンハウスれんぼー」はそんなラーメンサムライ達の魂をがっちり受け止めてくれるんですよね。マーボー麺・サンマー麺。あと何が出てくるのか分からないビンビン麺も気になる。

チャーハンはそこいらの飲食店より明らかに美味しいクオリティで、そんな半チャンを付けてもまず1000円は超えない安さも嬉しい。
蓮坊界隈に数少ない飲食店の一つでありながら圧倒的面白さ。ありがてえ……。